こんにちは!ふじおか まいです。私は3人の男児のシンママです。

子どもたちは2020年4月現在、高校1年生・小学5年生・小学3年生と、大きくなりました。

桜が咲くこの季節になると、長男が幼稚園に入園した時のことを思い出します。私はドキドキしながら幼稚園ママとしてデビューしました。

今回は「幼稚園ママの時に教わった、ママ友とうまく付き合っていくコツ」を書いていきたいと思います。

ママ友と、ちゃんと付き合っていけるかな?などの不安を感じているママさんに是非読んでほしいです。

 

保育園から幼稚園へ

私が幼稚園ママとしてデビューしたのは、長男が年中さんの年齢の時。4歳の夏でした。

その頃、引っ越しをしたため、幼稚園への入園が年中さんからになったのです。(それまでは保育園に通っていました。)

保育園の時は、子どもを預けてすぐに仕事に行くので時間に余裕がなく、ママさんたちとの交流もありませんでした。

しかし長男が幼稚園に入る頃には専業主婦をしていたので、これから長男と一緒に新しい環境に馴染んでいこうということで、初めての幼稚園にとてもドキドキしていたのを覚えています。

 

幼稚園ママになり、初めての登園用のバス停で

 

途中入園だったため、まだ幼稚園での集まりに参加したことがなかったのですが、入園が決まってから、登園する際にはバスを利用することに。

バス停に初めて行った朝のこと。その日はいつも通り朝からばっちりメイクをして、お洒落してバス停に行きましたが、近所のママさんたちはすっぴんでラフな服装にびっくりしました...。

※これは、いろんな友達に聞いたところ、(東京・埼玉・千葉・神奈川に住む友達)地域によって差があるようで、朝からばっちりメイクをして、今からどこにでも出かけられるよ!といった格好でバス停に来るママさんばかりの地域と、メイクもせずラフな格好でバス停にくるママさんの地域と分かれるようです。(でも、仕事があったり用事があると綺麗にするので、タイミングもあるし人によって様々かもしれません。)

その頃の私は、まだ28歳。当時、流行っていた派手な服装・髪の色が大好きでメイクも濃かったし、カラコンもブルーとグレーが混ざったような色を付けていました。

もし幼稚園の集まりの場で、そのまんまの格好をして行ったとしたら...?

初めてバス停に行った時のように、ママさんたちの間で変に浮いちゃったりして...。

そしたら派手なママだなって目をつけられて、私のせいで子どもが何か言われたらどうしよう。と、私は不安に思い、幼稚園ママとして集まりに顔を出す時には、大人しくナチュラルな格好で幼稚園に行こうと決めました。

そして、いざ幼稚園の集まりへ!!!ほとんどノーメイクで、シンプルでカジュアルな格好で行きましが、そこで見た幼稚園ママさんたちは十人十色。派手な人だってもちろん居て、きれい目だったりカジュアルだったり。

ばっちりメイクのママさんも居たし、なんか思っていたより気にしなくても良かったのかなと感じましたたが、やっぱり悪目立ちしたくなかったから、幼稚園にはできるだけナチュラルでカジュアルな格好で行ったほうがいいなと思い、プライベートで遊ぶ時には好きな格好をして、子どもが絡む場所では出来るだけママさんらしいとされる格好で行くようになりました。

 

初めてのママ会

 

初めてのママ会は、近所に住んでいるママ友が朝に誘ってくれて、その日のお昼にお邪魔しました。

後から来るママさん皆、差し入れを持ってきていたのを見て「あっ!なんにも持ってきていない!どうしよう。」と恥ずかしい思いをしました。

でもこれがあってからは、ママ会ではお土産を持参するようになり、毎回じゃ逆に気を遣わせてしまうので、適度な金額のものを適度なペースで持って行くようにしました。

おうちでのママ会の時は、必ずお菓子やジュースを差し入れしていますが、外でのランチの時にはタイミングを見ながら何かささやかなプレゼントをしたりします。

親同士だけでなく、ちょっとした子どもたちへのプレゼントなんかも喜ばれるのでお勧めです。

 

いろんなママがいるから対応も気を付けて

 

幼稚園に通っていると仲良くなればママ会をするので集まりも多いし、ママ同士が話をする機会がぐんと増えます。

なので、これまで以上にいろんな年齢のママさんたちとの交流が増えてきて、私の周りのママさんたちは、みんな年上の方ばかりでした。10個くらい年が離れた人もいましたし、優しい人がとても多かったと思います。

でも、中には集まるといつも人の悪口を言ったり、噂話ばかりする人もいました。なんでもかんでもスピーカーのように喋るから皆から避けられてるような人も。

そんな時に、ママ友の1人がコソっと教えてくれたのが、「悪口が始まったら相槌をうったり返事をしないで聞き流して、何も聞かなかった事にするのがいいよ。顔にも出さないように。なんでも喋っちゃう人の場合は、気をつけてね。自分のことは何も言わないほうが良いよ。でも話は聞いてあげて。そうするのがうまくやっていくコツだよ。」ということでした。

避けたりなんかして、あとで何言われるかわからないなら、そうするべきだなと感心しました。

 

幼稚園ママになり、ママ友との付き合いで学んだこと

 

  • TPOや、周りに合わせた服装・メイクをする。
  • 人への気遣い・心遣い
  • 人の悪口は聞き流し、顔に出さない。

以上が、ママ友との付き合いの中で学んだことです。

今も大変役に立っています。(最後の悪口は聞き流し、顔に出さない。に関してはちょっと難しかったりもするのですが、出来るだけ心掛けています。)

以上が私が経験した、ママ友との付き合いで学んだことです。こういった事に気を付けていくことが、ママ友とうまく付き合っていけるコツなのではないかなと思います。

先輩ママなどは、園の事にとても詳しかったりするので、子どもたちの園での様子や園の先生の子どもたちへの対応の仕方など、今までに見たり聞いたりしたこと、いろんな情報を教えてくれるのでとてもありがたく心強かったです。わからない事も、どんどん聞くといいと思います!

 

これからあなたが、幼稚園ママとして、楽しいママライフを過ごせますように!