ママモデルの1日のスケジュール大公開!

2019年8月1日 更新 WORK
ママモデルの1日のスケジュール大公開!
Hola!ニーニャです。
現在私には、10歳、8歳、1歳4ヶ月の3人の息子がいます。

先日、SNSの質問コーナーでこんなメッセージをいただきました。

「子育てに家事にお仕事!多忙なニーニャさんの1日のスケジュール気になります!」


ということで、細かく1日のスケジュールをまとめ、先日はママ起業家としての1日をアップしました。
続いては撮影のある日「ママモデルとしての1日のスケジュール」を書いていきます。

子供事情で考えなくてはいけないことが多い

 (3778)

まず、前回も書きましたが現在1歳4ヶ月の三男は、一時保育所に通っています。認可保育園は、待機児童の状態。なので、保育時間が短めなんです。

その分、仕事に費やせる時間も少なくなるので、1日のスケジュールを分単位で念密に組んでいく必要があります。



撮影を受ける際は「入り時間の確認」「アウト時間の確認」「スタジオの確認」をしっかりして、保育園の送迎に間に合うようにセッティングします。

この段階で、保育園に預けられないような早い時間の撮影入りだった場合は、入り時間をずらす事は可能か?または、子連れでのスタジオ入りは可能か?の確認もします。


保育園に預けられる場合のスケジュールでいくと、前回の記事とほぼ同じなので端折ります。

保育園に預けられない場合の撮影

撮影にもよりますが、私に子供がいることを理解した上で撮影依頼をしてくださるクライアントさまがほとんどなので「連れて行ってもいいですか…?」と声をかけると、OKが出ることは多いです。


ただ、映像系の場合は音声などの都合上、子供がいるとスムーズに進まない可能性もあり断られることがほとんど。
なので、その場合はどうにかしてスケジュールを合わせて保育園に預けられる間で仕事をするか、旦那さんや家族に協力してもらったりします。

大事なのは「事前準備」通勤時間やお昼寝、ご飯&ミルク問題

 (3779)


子供を連れて撮影に行くとなると、正直凄く疲れます。(笑)

でも入り時間やアウト時間を気にしなくていいので、それはそれで気兼ねないですが、通勤ラッシュでベビーカー・大荷物で電車に乗り込むのは本当に勇気がいるし、満員電車が続くと数本見送らなければならないこともあります。


さらに、毎回疑問に思っているのが、駅のエレベーターに「一般の人」が大量に並んでいること。

これは別記事でも書こうと思っていますが、ベビーカーの身としてはエスカレーター使える人はお願いだからエスカレーター使ってよ!!って思います。

階段もエスカレーターも使いたくても使えない。
だからエレベーターを使うしかないのに、歩ける人が大量に並んでいる光景を見た時は、正直怒りで脳みそが爆発しそうになります。(笑)
優先って言葉が見えないのかしら?
ベビーカーで並んでいるところに、割り込みされることもあります。(怒)

百貨店のエレベーターなど、エレベーターマン(もしくはガール)が常駐して優先を管理してくれるのはとってもありがたい。
混んでるといつまで経っても乗れないんですよね…。

駅のエレベーターは、今後もっと対策を練って欲しいと切実に願っています。



こういったことも踏まえて、余裕を持って家を出ないといけないし、そもそも朝の準備も自分だけじゃなく子供の分の用意もあるし、お昼ご飯の準備、お昼ご飯をあげられる場所があるのか?授乳時期は、授乳時間を逆算して行動しないといけないし、ぐずった時の対処法、出先でのオムツ替えスペースの有無、使う駅のエレベーターの有無、事前準備が山ほどあり、これだけで体力を消耗します。(笑)

1日のスケジュール

前置きが長くなりましたが、早速1日のスケジュールを書いていきます。


入り時間はバラバラですが、私は7時代や8時代入りが多いので、移動時間1時間プラス、朝の準備1時間半〜2時間で、計3時間前に起床します。
8時代入りの場合は、5時起きですね。


朝が早い時は、スタジオ着く時間に子供達に朝ごはんを食べさせたりして、電車の中では眠れるように家を出るギリギリまで寝かしておいたりします。

お昼休憩を挟み、お昼ご飯を食べさせられる時もあれば、お昼で撮影が終わって帰宅コースになることもあるので、そういう時は近くのベビー室を探します。
ミルクを作ったり、オムツ替えが出来るスペースで休憩し、帰宅。


だいたい夕方になっているので、ご飯を作って〜とこの記事の流れと同様になります。

自分に合っている生活リズムを見つける

 (3780)

基本的に、自分一人でゆっくりする時間はないけれど、私は今の生活が一番調子良いです。

元々の性格的にメンタルが強くないので(笑)忙しければ忙しいほど行動しなくちゃいけない使命感に駆られて、バランスよく過ごせます。

くよくよ悩む時間もない方が、私には合っている。これは数年かけて見つけた自分のスタイルです。
そして逆に、自分が暇な時間が生まれるとどうしていいかわからなくなって、本読むか、寝ます。(笑)


このスケジュールでトレーニングをする場合は、合間を見つつですが、朝起きた後すぐか、保育園送り出したすぐ後か、夜お風呂に入る前にすることが多いです。



結構「大変」なことにフォーカスしてしまいましたが、私自身つらい!無理!ってなることはありません。なぜなら、それを上回るほど子供達が可愛いし、子供達がいる生活が幸せだから。

子供達がいてくれるからこそ、仕事を頑張れるし、やりがいを感じます。



私より忙しいお母さんはもっとたくさんいるだろうし、人には合う合わないがあると思うので「これをオススメする!」といったものは特にないのですが、今回このスケジュールを見て、少しでも誰かの参考になれば嬉しいな。

また土日になるとスケジュールもガラッと変わるので、そこも追々書いていきますね。