今回取材をさせていただいたのは、元eggモデルでパラパラダンサーとしても一世を風靡したルミリンゴことRumiさん。最近はゴルフにハマっていて、楽しくて仕方がない様子!趣味も仕事も充実して働く彼女。キラキラ輝く生活に見えるけど、悩みはある?ない?みんなが気になる質問を投げかけてみました。

働く女性の悩み①「自分の適性が分からない」

ある調査によると、働く女性の悩みのうち「自分の適性が分からない」と感じる人は29%いるそうです。体験記メディアBlanca(ブランカ)では、事前調査を実施し読者から悩みをヒアリングしてみました!

BLANCA編集部
Blanca読者の皆さんこんにちは!編集部の新井です。
今回は、皆さんに「働く女性の悩み」についてお伺いさせてください。
今まで働いてきてどんな壁にぶつかりましたか?

読者Cさん
結婚出産を経て社会復帰しパートで働いています。でもスキルアップしない仕事なのでこのままでいいのかと不安。自分にどんな仕事が合うのかわかりません…。

読者Mさん
主人が「好きなように働いていいよ」って言ってくれて、今より子育てと両立しやすい仕事を探しています。みんなどうしてるんだろう?

読者Kさん
同僚の女性に「女使ってんじゃねーよ」って言われたり、会社では出産を理由に重要な役職につかせてもらえなかったり。なんだか女性ってことで損してることがある気がします。

今回取材させていただいたRumiさんは、10代の頃から雑誌やテレビに引っ張りだこ。アパレルプロデュース等を経て、現在好きなことを仕事にしているRumiさんに、今のお仕事について聞いてみました。

引用元はこちら

好きなことや楽しいことを仕事に♡

ーRumiさんは今って、インフルエンサー業の他に会社の役員もやってるんですよね?

▶︎インフルエンサーになるまでの記事はこちら

はい。インフルエンサーのプラットフォームの会社で役員をやらせてもらってます。

そこの会長さんに、私には「ゼロをイチにする力があるから、うちの会社に入って欲しい」って言ってくれて。最初は商談担当で手伝っていたんですが、2020年の6月から役員に。具体的には、自分の経験と人脈をいかすことがメインの仕事。とにかくバンバン人と人をつなげたり紹介したりしてます。

 

ー新規の営業とかにもいくんですか?

それはあんまりないですね。基本的には、今あるものを膨らませたり、友人たちを通してもっと盛り上げたり。私にしかできないことをやらせてもらっています。

 

ー今までの仕事で一番合ってる感じがしますね。

そうですね。結局、人ありきでここまでやってきたんで、周りの人にも稼いで欲しいし、友達にも案件をふって喜んでもらいたい。それができているので、合ってるのかな。

「私にしか出来ない仕事」が魅力的で、そうじゃないと枠から飛び出したくなるんです。必要とされてるって感覚は仕事のモチベーションにも繋がるなって。今のお仕事はたくさんの人とつながっていく中で得たご縁なので、ひとつひとつのお仕事に感謝しながら自分の力を発揮できればと思ってます。

働く女性の悩み②「"女"として仕事するとうまくいかない」

ー女性として、社会で活躍するコツなどありますか?

仕事と恋愛は別だってことは絶対。女は仕事に恋愛を持ち込んだら終わりなんですよ。だから、近い場所では絶対恋愛はしない。弱みを握ってくるような男も多いですし。。

彼と仕事をしてても、別れたらそれができなくなる、みたいな子っていっぱい見てきたし、もったいないですよね。

結局振り回されるのは、女の子の方だったりするからね。社内恋愛とかなら全然ありだと思うけど、ビジネスとして一緒に何かをやったり作ったりするのは感情が邪魔をしてしまうのであまり好きではないです。

イロを使って近寄ってきたり、「シングルマザーだからお金必要でしょ」みたいなこと言われるの大っ嫌いなんですよね…。一緒に仕事する人は、自分で選ぶんで大丈夫ですってスタンス。

そういう人が居たら、私はどんどん切っちゃいます。

働く女性が悩む男性との関わり方とは

ー人との関わりって難しいですよね〜。

自分の付き合う人とか、行く場所、行動を変えたら、運気や引き寄せも全部いい方向に変わってきました。自分の運気を上げると、運気の高い人と出会えるし、自分が良くないゾーンにいればそういう人が近寄ってくるんですよね。

だから、自分にとって勉強になったり、ハッピーになったりする人としかつるまないようにしています。そしたら仕事も調子いいし、ここ数年は本当に運気がいいですね。

 

ー仕事上の男性からよく言われることとかありますか?世間では、女性として差別を受ける事も少なくないとか。

私、男性と話してても、「おじさん経営者と話してるみたい」ってよく言われます。

16歳から自分の身を守りながら必死に生きてきたから、勝手にそういう考え方とかが身についてしまったのかも。私、本当性格とか考え方とか男なんですよね。めっちゃ淡白だし、切り替えも早いしね!なので「女性だから悲しい」と思ったことはないかも。

働く女性におすすめ!仕事仲間に誘われ、ゴルフを始めました。

ーInstagramを見たのですが、ゴルフにハマっているそうですね!始めてみてどうですか?

仕事きっかけで始めたんですけど、完全にハマっちゃって。ロンブーの淳さんの番組でゴルフ女子に出会って、その子が「よかったらやりませんか?」って誘ってくれたんです。私みたいな女性フォロワーが多い人に、ゴルフの魅力を知って欲しいので!と声をかけてくださいました。

30代になると周りにもやっている人が多くて、「Rumiちゃんゴルフやらないの?」ってよく聞かれてたんですけど、なんか敷居が高くて始められなかったんです。でも、その子がウェアからレッスンまでいろいろ紹介してくれて。

レッスンに通い始めて1ヶ月くらい経った頃に、森ビルカップっていう大きな大会のアンバサダーにならない?って言われたんです。名だたるゴルフ女子に混ざるなんて恐れ多かったんですけど、初心者ながらやらせてもらって。

アンバサダーの仲間に入れてもらったことでさらにハマって、去年の4月にラウンドデビュー!それからは、いろんな人から「ゴルフ行こうよ」って誘ってもらうようになりました。

 

ーゴルフの魅力ってどういうところ?

本当にめちゃくちゃ楽しいんですよ!簡単にできないのがいい。何十年やってきてるプロですら、悩んだりするらしいんですよ。

毎回コンディションも違うし、ほんのちょっとの変化で全然違うところにボールが飛んで行っちゃうし、100点満点なんて絶対取れない。

見晴らしのいい自然の中に身を置くだけでも気持ちいい!カコーンって音と共に、ここにあった小さなボールがずっと先まで飛んでいくんですよ。その感覚も最高に気持ちいい。打ちっぱなしとかシュミレーションでの練習の成果が出た時も嬉しいです。

アンバサダーをやった時にプロの試合を初めてみて、完全にゴルフの虜に。プロのショットを目の前で見て、あまりのスゴさに感激しました。スゴすぎるんですよ本当に!

 

ー本当楽しそうですね!話してる姿から楽しいのが伝わります(笑)

コースに出る前までは、打ちっぱなしでずっと練習してたけど、コースは全然違うし本当に楽しいんですよ!何歳になってもできるから、体力がある今のうちに絶対初めておいた方がいいと思う!

実は、経営者とかステータスが高い人も多いから、人脈も広がります。働く女性はぴったりかも。

 

BLANCA編集部-Ryuko-
ゴルフのお話をしているRumiさんはとっても楽しそうで、ハマってるのがすごく伝わってきました♡動画を見せてもらったけど、フォームもとっても綺麗で上手!私もまた再開してみようかな!

今回取材したのはこの方

Rumi東京都出身
モデル、タレント
Instagramはこちら
ギャル雑誌「egg」モデルとしてデビュー。その後avexのパラパラDVDのダンサーを務め、当時の若者で彼女を知らないギャルはいないという呼び声も高い。2008年に愛娘を出産。ママタレントとしてバラエティ、イベントに多数出演。 2012年離婚し、働くシングルマザーの代表としてもママ層からの支持も熱くTV出演、MC、モデル業、ラジオパーソナリティー等の活動を広げている。