モデルとして活躍している森暖奈さん。出産目前にBLANCA独占取材させて頂きました。彼女の仕事への思いや恋愛観、そして妊娠中のことまで深掘りし5つの記事にまとめています。

第三回目の本記事は《恋愛》について語って頂きました。

SNSであまり公にされていなかった彼女の恋愛について、知りたかった読者も多いのではないでしょうか?

質問:BLANCA編集部
回答:森暖奈

 (2798)

現在も過去も、SNSで恋愛についてあまり公表されていないイメージですが、森暖奈さんの恋愛観を教えてください。どんな恋愛が多かったですか?

 (2814)

SNSでも話しませんが、そもそもあんまり恋愛話をしないかも。話すのは親友ぐらいかな?

よく撮影現場とかネイルサロン等で、恋愛トークが盛り上がっているのを見かけたりするんですが、私は自分から話したりしないなぁ。

もちろん、こうやって聞かれたら話します。(笑)

気になってる人がいても、自分から連絡先聞けないし、相手から聞いてくれたとしても自分から連絡出来ない。
そして、相手が連絡してくれたとしても、自分からあまり広げることが出来ないので、自分から好きになった人とはうまくいったことがないんです。(笑)

だから追われて付き合うことしかなかった。恋愛しなくても生きていけるタイプの人間です。

隠しているわけじゃなく、あまり恋愛に重きを置いていないんですね。益々仕事への情熱が熱い方なんだなと感じました。 そうすると、恋愛は一つ一つ慎重に育んでいくことが多かったですか? モデルをやっていると、たくさん男性が集まってきそうですが、正直なところどうでしたか??

 (2810)

 

全然集まってきませんよ!!!(笑)
すっごくツンケンしてたんです、まさに読モ時代。
今思うと、謝りたい人はいっぱいいます。友達も、彼も。あの時傷つけてごめんね。あと、心を開くのが苦手だったんです。

たくさんの人とコミュニケーションを取るためにはツンケンしていられないので、モデルを続けていくうちに、徐々に丸くなっていった気がします。

恋愛に関しては…まず、10代の頃の恋愛は省いて考えますね。(笑)

20,21歳ぐらいのときに、凄く好きになった人がいて告白されて両思いで、2年ぐらい付き合いました。
それから、モデル事務所に所属している間は恋愛をせずに2年ぐらいは彼氏がいなかったかな?

その時は、ほんと〜〜に楽しかった!!
恋愛を気にしないで自由に生きていたので、もう一回言いますが本当に楽しかったです。(笑)

それから2年付き合ってお別れした方がいて、その後恋愛モードはしばらくいいかな〜って思ってました。

結婚願望もなかったし、将来の計画とか全く立ててなかった。
なんとなく30歳ぐらいになったら意識しだして、いい人と出会って結婚して子供産むのかなぁ〜っていう程度。

子供は好きですが、具体的にいつまでに子供がほしい!だからいつまでに彼氏がほしい!もない。
結婚とかについては先を考えたりせず、シンプルに今を生きてました。

2年付き合った方と別れてからしばらくして、今の旦那さん登場!だったんですか?

 (2811)

 

そうなんです。前の彼と別れてからは、恋愛する気はあまりない状態でした。
でも、今の旦那さんの猛アタックが凄くて「"死んでも恋愛しない"って決めたわけじゃないしなぁ。」とか思い始め、一緒にいて居心地も凄く良いし、断る理由もなかったんです。

彼は、常にポジティブ全開で安心させてくれたり、一緒に旅行へ行って何かハプニングが起きても動じず冷静に対処できる人で"この人となら無人島に流されても生きていけそう!"って思うほど強い生命力もあって、一緒にいて不安にならないところ等にどんどん惹かれていきました。

それに付き合う前から今もすっごく優しいんです。ほんと〜〜うに優しい。

優しさって色々あるじゃないですか?
その中でも「私のことを一番に考えてくれてるからこその優しさ」を感じるんです。そんな日々の中で「この人が最後の恋愛だと良いな」って思うようになりました。

私は恋愛に対して、自ら積極的に行動出来るタイプじゃないので、猛アタックがあったからこそ今があるなって思います。

今は、彼と一緒にいられてなんの悩みもなんの不安もなく、幸せに過ごしています!
あると言ったら、今Instagramでもよく載せてますが、妊娠性痒疹かな。(笑)

BLANCA編集部:

聞いていて、胸が熱くなるぐらいキュンキュンするお話でした!聞いてる側もあたたかい気持ちになる恋愛ストーリーって、読者も幸せな気持ちになれると思います。

この取材の間、幸せそうな笑顔で旦那さんの写真を見せてくださいました。とっても幸せそうで、何と言っても美男美女の絵になる素敵な夫婦。もうすぐ生まれる赤ちゃんも楽しみですね。

次回は、モデルとして働くプレママのマタニティライフについて更新します。