コロナウイルスの影響で必要最低限の買い物以外の外出は控えている今、つい先日1歳を迎えた息子との「おうち時間の過ごし方」に沢山悩みながら、息子にとって窮屈に感じないよう、色々工夫をしながら過ごしています。

今回はみなさんに、我が家のおうち時間ルーティーンをシェアしたいと思います!

普段は選ばないおもちゃを調達する

私の息子はもうすぐ1人歩きが出来るかな?という時期に突入しています。1歳となるとお散歩や公園デビューなど、外に出て色んな物を触って様々な体験をさせてあげたい時期です。

"本当なら今頃公園で..."と感じる時も多々ありますが、今は仕方ない!!と自分の中で踏ん切りをつけて、『普段なら買わないけど、緊急事態だから』と自分に言い聞かせながら新しいおもちゃで遊んでもらっています。

我が家はまず、予算を決めて息子が興味を示しそうなものや、月齢にあった智育玩具、今まで手を出してこなかったような玩具などを調べ、出来るだけたくさんの玩具をネット通販で購入することにしました。

今までは与えすぎる育児をしたくなかったのですが、外に出て遊んだり、外で新しい物を見つけることがしにくくなった今、その点を補えるように工夫しています。

息子は日に日に増えるおもちゃに目を輝かせて、飛びついて遊んでくれているので、買って良かったです。

購入した玩具はこちら

▪︎ピープル People アクティブ知育ローラー

 

 

 

 

 

 

 

この玩具は、手押し車としてだけでなく太鼓に出来たり、クルクル回る部分があったりして、色んな用途で遊べるので1番食いつきが良いです!

 

▪︎HAPE かさねてのぞいてサウンドレールセット

 

 

 

 

 

 

 

こちらは私の趣味で購入しました。(笑)6ヶ月くらい対応年齢が早いですが、少しずつ興味を示してくれています。カラフルでシンプルな玩具を選ぶようにしています。

 

▪︎はじめて英語 ディズニー&ディズニー・ピクサーキャラクターズ おしゃべりいっぱい! ガチャ(R) タカラトミー 【Disneyzone】

 

 

 

 

 

 

 

最近、物をカゴに入れることを覚えたので、その練習用として買いました!
日本語と英語の2種類の音声が選べるので玩具で楽しみながら英語も学べるのでお気に入りです!

子どもと遊びながら、自分もダイエットを取り入れる

実は私、出産してから1年経った今でも産後すぐの体重とさほど変わってない状態なんです...。息子と遊ぶ時はここぞとばかり大袈裟に動いて、ダイエットと兼ねて遊んでいます!(笑)

まだ抱っこ大好きな1歳の息子は、元気なダンベルだと思って、抱っこしながら腕を伸ばしたり、縮めたりする動きが息子のお気に入りなので息子は笑顔、私は汗だく!といった状態で遊んでいます。

外に出ないので、着替える必要も無く動きやすい部屋着で過ごしていても誰にもバレないし、メイク崩れを気にする必要も無い、汗をかいてもすぐにお風呂に入れる。こんな環境で運動しなきゃもったいない!!と気付いてからは、毎日息子に手伝ってもらいながら運動をしています。

おかげで、おうち時間ダイエットを始めてから少しずつ体重が落ち、二の腕が引き締まってきた気がしています!

窓やカーテンを開けて日光を浴びる

コロナウイルスがここまで感染拡大する前に、最後の0歳児訪問がありました。

その時に訪問の保育士さんに言われたのが、"これから外出自粛すると思うけど、雨の日以外はカーテンと窓を開けて、日光に当たれるようにしてあげてね"とのことでした。

人間の体に必要なビタミンDは日光を浴びることによって作られ、活躍するものなんです。このビタミンDは、食事の時に体に入ったカルシウムが元気に活動することを補う力があり、子供が成長するうえで必要な骨の強化に大きく関係してきます。

本来は外に出て日光を浴びた方が浴びれる量も増えて良いのですが、今は外出自粛の期間なので、なるべくカーテンと窓を開けて、家の換気をするついでに遮光カーテンやレースカーテンも開けて、家の中に陽の光が入ってくるようにすることをオススメします!

我が家では、朝起きたらすぐに全ての窓とカーテンも全開にして換気をして、日が落ちる昼過ぎくらいまでは常にリビングに陽が入っている環境にしています。今は少しずつ外も暖かくなってきているので、太陽の光が入るだけで家の中も温かくなり、過ごしやすい空間になっています。

おうちのベランダを外出気分になれる空間に

どんなに試行錯誤していても、やっぱりずっと家で過ごすのはつらいものがあります。『自粛!自粛!』と言われている今、外出する気分じゃなく家で過ごす時よりも、比にならないくらいストレスがかかっていると思います。

そんな我が家はベランダで過ごす時間が増えました。私が住んでいるのは集合住宅なのでお隣さんやご近所さんに迷惑がかかってしまうのは避けたいので、息子を抱っこしてベランダでうろちょろしたり、レジャーシートを敷いて、洗濯機洗いができる布製の音が出ないおもちゃなどでベランダで遊んだりしています。

私は"散歩くらいなら大丈夫じゃない?"と言われても、心配性なので、息子を連れて外出するというのが出来ないのでおうち時間で外に出れる、陽を浴びれる空間を重視して、息子と過ごしています。

我慢をしてストレスを溜めずに、”つらい”と声をあげよう

ニュースやSNSを見ていると、やはり子供が外に出れないことへの子供自身のストレスを心配されている親御さんをたくさん目にします。でも、外に出れないストレスを感じているのはお母さん、お父さんも一緒だと思っています。

本来なら保育園、幼稚園、学校などがあり家に居るはずのない時間まで遊び盛りな子供たちと過ごすのは心身ともに疲れ果ててしまいますよね。"みんな我慢してるんだ"と無理やり気持ちを抑え込むのではなく、つらい時は"つらい!"と声をあげて良いと思います。

私たち夫婦も、自粛のストレスでピリピリすることが沢山ありますが、夫婦で話し合いお互いのストレスを解決できるようにしています。今は一刻も早く、自由に外で遊べる日が来るよう、元の生活に戻れるよう、おうち時間を上手に過ごして頑張りましょう!!!