妊娠したら悪阻があってお腹が大きくなる事くらいは知っていたけれど、こんなにも身体が変わっていくなんて思わなかった。

自分の身体なのに自分の身体じゃないようななんとも言えない感覚で、不安と希望に満ち溢れている妊婦の身体について私の体験を、初期・中期・後期に分けて書きたいと思います。

初期症状はこちらの記事で。

妊娠初期症状|7割の人が感じる体調不良とは〜こんなにも変わった私の身体〜
妊娠初期症状|7割の人が感じる体調不良とは〜こんなにも変わった私の身体〜

安定期のくせに全然安定していない私の身体!

妊娠中期はいわゆる安定期と呼ばれる期間で、悪阻も落ち着き、赤ちゃんを流産する確率も減ると言われているので、安定期に入れば気持ち的にも身体的にも楽になるんだろうと思っていました。

でも安定期は安定期で身体の変化があって初期よりは安心感があるけどやはり大変。そして安定期のくせに、心は不安定で全然安定期じゃない!って感じでした。

妊娠中期に始まるお腹の張り「腹痛」の程度が分からない

妊娠中期になってくると、少しずつお腹が出てきます。あの妊婦さん独特のお腹が膨らむという感覚はなんというか考えたのですがお伝えできない感覚です。

見ての通りお腹が重くなってくるんですけど、お腹が大きくなってくるとともに、お腹が張るという感覚があるのです。でもどんな痛みか最初はわからなくて、戸惑うのです…。

 

私は突然お腹に激痛があり、急いで病院へ行ったことがありました。でも結果はなんと便秘…。とても恥ずかしかったのを覚えています(笑)

でも妊婦で便秘はよくある事らしく、とにかく何もなくてよかった〜とホッとしました。初めての妊娠中期では戸惑うことばかりですが、知識があれば、これは便秘かなあ〜これが張るってやつかなあ〜と思う事ができるので安心ですよね。

妊娠中期は少しずつお腹が大きくなり下腹部が圧迫されてトイレが近くなる

妊娠中期になると、トイレがとても近くなります。赤ちゃんが大きくなってくると膀胱が圧迫されるみたいで、すぐトイレに行きたくなっちゃうのです。

外出中トイレにばかり行くのが嫌なので、水分を減らしたりもしましたが、それでも近かったです。

でも水分を減らすとまた便秘がちになったり、足がつったりするので、もうどうしようもないじゃん!って感じでした。

またトイレの話とは少しそれますが、おりものが多くなったりします。私は妊娠前カンジタにかかったことはなかったのですが、妊娠後はよくかかるようになってしまいました…少し疲れるとカンジダになる。おまたも疲れちゃうみたいです…

妊娠中期は感情の起伏が激しくなり気分が落ち込む

妊婦中盤、まだ出産までは遠い気がして、でも赤ちゃんはどんどん育ってきて、母親なんだからしっかりしなきゃと思い込んだりして、夜な夜な涙を流したり…。とても情緒不安定でした。

母親になるっていうのに母親に向いてないなだとか、母親失格だな。とかとてもネガティブになってしまって勝手に落ち込んだりしていました…。恵まれていた環境で元々とてもポジティブな私ですら落ち込んでいたので普通ならもっと落ち込むかもしれません。

またその浮き沈みが原因だったり、自分は不自由なのに旦那様は自由に動けたりして、旦那様と喧嘩が増えたりもしました。

妊娠してお酒も飲めず食事なども制限される事が多い中で、イライラしてしまうのは当然です。

そんな時、なにか息抜き出来ることを見つけてできるだけ息抜きをして、楽をして妊婦生活を過ごすというのは重要だと思います。制限が多くて、つらくて長い妊婦生活…と思ってしまうのも仕方がないことです。

どうか頑張りすぎず、できるだけ楽に過ごして欲しいと思います。

妊娠中期は体調を優先しながら気分転換でリフレッシュを

妊娠中期は体調は落ち着きますが、まだ出産への道は遠い気がして、不安だし、出産までまだまだ長いし、もう!妊婦なんて疲れたー!やだー!と思ったのを覚えています。

初産婦だとうまく息抜きもできなくてストレスが溜まりまくるものです。

妊婦さんは是非、なにもしないを目標になにもしないでください!!!妊婦は生きてるだけで偉いんです!

安定期で体調がいい日は気分転換におでかけ、ちょっとだけ遠出など、安定期にできる息抜きをして、なるべくストレスを溜めない事が大切かもしれません。