ついに後半です。
よかったらもう一度、前半から読み返して読んでみてください。

 

前記事はこちら↓

7股されてました。〜前編〜 付き合うまでは優しかったけどね。
7股されてました。〜前編〜 付き合うまでは優しかったけどね。
7股されてました。〜中編〜 次々と発覚する女性達
7股されてました。〜中編〜 次々と発覚する女性達

 

全てが嘘に聞こえる

その後、彼にLINEで聞きました。
「私以外に良い感じの子、いるの?」と。

彼は「お前しかいないよ。何言ってんの」と言ってきました。

 

これは恋愛において《カマかけ》の部類に入ると思いますが、もうそんなこと言ってられません。
今、私のミッションはとにかく自白を取るか、黒の証拠を集めることのみ。

 

そして彼に直接会うことにしました。
まだこの時、彼には何も伝えていません。

使用済みのアレの袋がコンニチハ

家について、鼻をかむために枕元にあるティッシュを取ったら、なんとティッシュ箱の下から使用済みのアレの袋がコンニチハしました。

 

今まで、彼と関係のないところから聞いていた「悪い噂」

 

 

正直、ただの噂にすぎなくて、信じたくない自分もいました。
"彼は裏切ったりする人じゃない。"そう思いたい自分がいました。
だからこそ、直接話して確認したかったんです。

しかしこの、開封した空のアレの袋を見たときに、自分の中の何かが崩れた気がしました。

 

 

彼は几帳面で、私が家に行くときは大体お家が綺麗な状態。
この日も綺麗でしたが、きっと今朝か昨晩のゴミは片しきれなかったんだろうなと推測。

 

 

そして、枕元には長い髪の毛が落ちていました。
これも確定。痛みの少ない茶髪だし。

でも、現場の方がいってた目撃した子は《黒髪ショートヘア》なので、この部屋に来たのはあの子ではない。

 

すぐに友達に連絡して、良い感じと言っていた4人の髪型を聞きました。
すると、茶髪ロングは居ない。

そう、6人目の誕生です。

 

 

 

どんどん増えるこの状況。
悲しみから、業務的になっていきました。

 

私を入れて、7人の女がいる

私を入れたら、7人。これが当時の私が知った、7股の内訳です。
実は、別れた後からなんとなく気になる行動は多かったんです。

 

彼の洗面所の手を拭くタオルには、リップが軽く触れたような着色が。
トイレのタオルにも同様のものが付いてました。

 

 

今まで、疑問に思ったことを全て脳内で整理し、彼にぶつけました。

・タオルについてるリップのこと
・髪の毛のこと
・目撃情報があったこと
・あなたと関係を持ってる人が4人いると知ってること

彼は、この全てを言っても、今までと同じように"言い訳"を重ねました。
目撃情報に関しては、「言ってたやつ誰だ!?」って逆ギレ。

 

いやいやそのお店、この間行ったって私に言ったじゃん…。
しかもその次の日、私の名前間違えたじゃん…。

なんか源氏名っぽい名前で間違えたな〜って思ってたけど、本気で思いっきり間違えたやつじゃん…。

 

 

もう、ツッコミどころが多すぎて、アレのゴミとか言うのやめました。自分がこれ以上惨めになりたくなかったんです。
こんなに言い訳されて、「そうだったんだね」って言うかばかやろー!

 

むしろ「そんな他の女の言ってること信じるの?俺はお前だけなのに。」とまで言われました。
今思うと、よくその場でそんなこと言えるなって思います。

 

 

でも後から「ねえその女って誰?どこで働いてるやつ?モデル?」とか色々聞かれて、「こいつどの女が口割ったのか見つけようとしてるんか!」って途方に暮れました。原因そこじゃないっつーの。

 

なので、「浮気したり、遊んだりするのは自由ですが、一人の女も幸せに出来ないやつが、会社の人たちを幸せに出来ると思うなよ!」と言って、縁を切りました。(笑)

 

彼は「は?お前には俺の気持ちなんて〜・・・」とあーだーこーだ言ってましたが、もう聞きません。聞こえません。

なんでこんなにカッコ悪い男を好きだったんだろう、ってまだ好きな気持ちをかき消しながら思いました。

 

最初は恋に恋してるって思っていたけど、本当に好きだった。
でも、男の中でも相当なクズだったと思います。

 

蘇る記憶と照らし合わせていく

「今思うと、他の名前でも間違えられたことあったなぁ。」

 

「あそこの飲食店の話をしていたのは、あの女と行ったからだったんだなぁ。」

 

「今までその口癖使わなかったのに、急にどうしたの?と言ったら『○○が使ってたから移ったのかも』と同僚の名前出してたけど、そんな女の子が使う言葉、同僚は言わないだろうな。とっさにウソついたんだなぁ。」

 

「あの日、連絡が取れなかったのは、そういうことだったんだなぁ。」

 

「あの時、仕事の人だからって出た電話は女だったんだなぁ。」

 

 

 

完全に別れると、急に冷静になれるんですよね。
当時は気付かないふりしてたのに。

 

帰り道、なぜか涙は出ませんでした。
むしろ吹っ切れて気持ちよかったんです。

お金持ち、社長だからかっこいいってわけじゃない

別れてから、数回連絡はありました。
だいたいは「さみしい」「会いたい」「今お前のこと考えてた」このパターンです。

全然気付けなかった自分に、高い勉強代だったんだなってつくづく思いました。もちろん会いにいってません。既読無視です。

 

 

きっと、この彼と付き合う少し前の自分だったら、7股されてても「今、彼は疲れちゃってるから遊んでるだけで、いつか私の元に戻ってきてくれる!」とか思っちゃってるかもしれない。

そもそも浮気されてる時点で「戻ってきてくれるはず!」とか思う気持ちはアホすぎると思います。良い言い方すると純粋?

相手に期待すると、自分がボロボロになります。

まぁ、男性は浮気するものだ!的な言い方してますが、逆も然りですね。
欲のままに生きてしまう女性と、母性を持つ男性もいるでしょう。

どちらにしても、きちんと自分を客観視しつつ、自分自身と向き合い相手を大切に思える恋愛をしたいと思いました。

 

 

この彼のおかげで、私の中で「社長ってかっこいい」という概念は脳内から抹消。
そして、学んだこともたくさんあります。

 

一番は、「都合のいい女には、ならないこと。」
女としての、基本かもしれません。

 

相手の短所を、怒らないこと。
無理に相手に合わせないこと。
彼に依存しすぎないように、自立すること。

たくさん自分の反省点が見えました。

 

この後の恋愛は、この経験のおかげで浮気されることはありませんでした。
自信を持ち、自立してまっすぐな女性が、一番かっこいい。

大切にしてくれない男は、今すぐ切りましょう。時間の無駄。

大切にしてくれない男といると、ネガティブになりどんどんブスになります。
大切にしてくれる男といると、ポジティブになり綺麗になります。

良い恋愛をして、綺麗になる。
これが一番素敵な恋愛の仕方だと、私は思いました。