Instagramでは3.5万フォロワー(2020年11月現在)を持ちインスタグラマーとして活動する側そのビジュアルからモデルとしても注目を集めている『絶対音感』のシンガーソングライター永野間美咲さんをインタビュー。

絶対音感の割合って?

文部省の研究結果報告書によると、音大に通う学生では30%前後と言われているそう。一般人の絶対音感の割合でいうと0.1%で音楽家でも10%以下というデータがあるそうです。

日本では早期の音楽教育が広く行われていることや絶対音感を育てることを目的とする音楽教室が点在していることから、世界的にみても絶対音感の割合が多いとのこと。

芸能人で例えると、YOSHIKI(XJAPAN)さん、広瀬香美さん、宇多田ヒカルさん、最近では芸人のみやぞんさんも絶対音感があるとテレビで話題になっていますよね。

引用元:文部省の研究結果報告書はこちら

シンガーの周りにはいる?周囲の絶対音感の割合は?

ーMISAKIさんの周りのシンガーに絶対音感の人っていますか?

あんまり本人に聞いたことないかも。(笑)自ら「私絶対音感なんだよねー!」って話はしないですし(笑)

でも、絶対音感の見つけ方って意外と簡単なんですよ。曲の出だしで一発で音をはめられるかどうか。入りに伴奏が無くてそのままアカペラで歌える人は、絶対音感ですね。そういう人は鼻歌でも音が取れます。

絶対音感の人が生活の音も「ドレミ」で聞こえるって本当?

ー絶対音感のメリット・デメリットはありますか?

アカペラでも原キーが出せることは、シンガーソングライターをやっている身として絶対音感でよかったなって思う部分ですね。よく、どんな音でも音階の「ドレミ」で聞こえて耳がうるさいって言いますけど、私はそこまで生活に支障きたしたことはないです。

一つ、絶対音感のデメリットってわけじゃないんですが不便なことがあって、私にとってドの音はドでしかないので(笑)キーボードのトランスポーズを使って簡単にキーを変えて弾けばいいのに、私はそれが出来ずにいちいち元の音を弾かないと気持ち悪いんです。Cのコードを弾いているのにEとかの違うコードで聞こえるんです!!なんだか不思議。

あと、ピアノを習い始めた小1の頃、「ソルフェージュ」というものがあって、先生が弾いた音やリズムを楽譜に書くということをやっていたので、今思えばそれをやっていたので更に音感を鍛えられたのかと思うので、鍛えたい方はソルフェージュをしてみるのも良いと思います。

ソルフェージュとは?

ソルフェージュとは、楽譜を見ながらドレミで歌うことや、反対に流れているメロディを楽譜に書きとるような基礎トレーニングのことを言います。

  • 曲を聴く力
  • 聞いた曲を書く力
  • 楽譜にある音を読む力
  • 音を正しく表現する力

この4つを鍛えること。この音感や楽譜を読む力はソルフェージュの授業をしている音楽学校や音楽教室などでレッスンを受けることが出来ます。

もちろん、CDなどで曲を聴きながら自ら楽譜に音を書いて独学で学ぶ方法もありますので身近なところから試してみてもいいですね。

今回取材したのはこの方

永野間美咲 1991年生まれ、茨城県出身
シンガーソングライター/モデル/インフルエンサー
Instagramはこちら
Twitterはこちら
YouTubeはこちら

 

幼少の頃より、音楽、楽器好きな両親の影響でピアノを始める。現在は、“私の想い“を同世代や、ファッションに興味があるリスナーへと伝えるために、作詞・作曲もこなすシンガーソングライターとしてライブハウス、クラブ等、様々な場所でライブ活動。(過去50回以上の鍵盤弾き語りによる路上ライブも実施。)伸びのあるハイトーンボイス、絶対音感も持ち合わせている。
TOKYO GIRLS AUDITION 2015では2万人以上の応募の中から27人のセミファイナルまで残り、Instagramでの”恋ダンス”は 再生回数61000回突破。現在ラジオ Shibuya Crossfm エンタメジャック IN SHIBUYA レギュラーも努める。