シングルマザーは難あり?

2019年7月10日 更新 LOVE
シングルマザーは難あり?
Hola!ニーニャです。
私は数年前に離婚をし、再婚し、現在幸せに暮らしています。シングルマザー時代は思い出すのがつらいぐらい、沢山悩んで沢山泣いて沢山頑張ってきました。当時の自分はそれほど「つらい」と感じないようにしていましたが、今思い返して見栄を張らずにあの時の感情をそのまま表現すると、やはり「つらい」という言葉が真っ先に出てきます。離婚をして、自由を手に入れたことは幸せな気持ちでいっぱいでしたが、その先の”見えない未来”への不安は大きかったのです。

そんなつらかったシングルマザー時代の恋愛について、今日は少しお話ししようと思います。

よく聞かれることナンバーワン?

 (386)

シングルマザーから再婚し子供が増えて幸せに暮らす今、同じ境遇の方から一番と言っても良いほど聞かれるのが[恋愛について]です。私も当事者なので、聞きたくなる理由はとってもわかります。私も自分と同じ境遇の人がいれば聞いていたでしょう。しかし、周りに同じ境遇の人はいなかったので全て自分の感性のままに生きてきました。何度も失敗もして、沢山泣いたし、沢山傷つけ、きっと相手のことも沢山傷つけてしまったと思います。

失敗は成功のもと?

離婚をした経験上、恋愛はかなり慎重になります。とにかく怖いのです。バツがついている自分自身の後ろめたさもあり、独身時代の身の軽い恋愛とは訳が違います。なので、そもそも「どうやって恋愛を始めれば良いの?」と聞かれることも多々あります。私が実際に、シングルマザー時代に沢山恋愛をしてきて気付いたことは、”ありのままの自分でいること”でした。それを気付いた頃には、いや気付かせてくれたのが今の旦那さんです。

一人だけの人生じゃない

 (385)

シングルマザーの恋愛というのは、当たり前ですが子供のことが関わってきます。子供に会わせるのか?会わせないのか?彼は子供に会いたいのか?会いたくないのか?そもそも恋愛を始める前に子供がいることを言うべきなのか?言わないまま後出しするのか?出し始めるとキリがないくらい沢山問題が発生します。私は毎回相談を受ける度に必ず伝えることは、先ほどお話しした”ありのままの自分でいること”。

例えば、将来のことを考えてお付き合いがしたいのであれば、お付き合いするときにその事を話す。そして子供とも関わってほしい事を話す。結婚願望なく、子供に迷惑をかけることは一切しない。子供と離れている空いた時間のみ彼との時間を作る。のであれば、その理想を相手に伝える。これが[ありのままの自分でいること]です。もう自分一人だけの人生ではないので、自分と子供をセットで考え、相手に想いを伝えましょう。

実際に学んだこと

Sad Scrabble Reverse Sun - Free photo on Pixabay (387)

私がシングルマザーとして恋愛をしてきて、最初こうしていればよかった。と思うことは沢山あります。それは「自分にバツがついている劣等感から、なんでも相手に合わせてしまう」こと。これはまた最初の”ありのままの自分でいること”に反していますね。

「こんな自分を愛してくれる人はもうこの世にこの人しかいない。嫌われないように○○しなくちゃ!」「このひとの理想なタイプの女性になりたい!」「ずっと一緒にいてもらうには、休みの日を合わせなくちゃ!と無理をする」等
これらは、全て、自分を苦しめてしまっています。ですが、本人はその事に気が付かないのです。自分への劣等感のせいで。

離婚したら難あり?

「女性が離婚をする」とは、未だ日本では難あり視される傾向にあると感じています。「つらそう、苦しそう、かわいそう」そう言った声が、シングルマザーたちの首を絞める事になっていると私は少なからず思います。「私は苦しい母親なんだ。」「私はつらい母親なんだ。」「そんな私を愛してくれる人なんて存在しないんだ」離婚経験自体がよくないことという先入観が、ネガティブモードにしてしまうと思うからです。


私は実際に離婚を経験して、シングルマザーになりつらい思いを沢山しましたが、最初の結婚生活の方がつらく、地獄でした。そう考えると、シングルマザー時代はとてもとても幸せでした。

考え方次第ですが、離婚は人生の再スタートなのです。つらいことが待ち構えているに決まってます。ですが、それを乗り越える能力も持ち合わせているのです。既につらい結婚生活から自分の手で抜け出したんですから。そう考えたら、劣等感に陥ることもネガティブになることも必要ありません。難ありなんかじゃありません。むしろ、今後は失敗がないように取り組むことが出来、冷静に物事を考えられるようになりいい方向へ成長しているのです。

去る男は必要ない

Person Girl Human - Free photo on Pixabay (389)

でも実際に私がシングルマザーとして恋愛をする時、子供がいる事を伝えると去ってしまう男性も少なくありませんでした。正直、最初は「ショック」でした。でも3人ほど出くわし続けると、慣れが出てきます。(笑)
いつしか「子供がいると伝えて去る男は、私の事を本気で考えてくれてないから、いいんだ!逆に時間短縮になってラッキー!」とポジティブに思うようにしました。

いつか子供の話をしたときにいなくなってしまう人なんて、最初から要りません。私の大切な人生の時間を、私の大切な子供を想えない人には費やしたくなかったからです。

[ありのままの自分でいる]

簡単なようで、とっても難しいことかもしれません。ですが、簡単なことなのです。自分と向き合い、子供と向き合い、初めて相手と向き合うのです。自分を整理出来ていないまま人に依存しても、いいことは生まれません。駆け引きなんてものも、必要ありません。自分自身と子供をありのまま受け入れてくれる人と恋愛しましょう。それが一番【幸せな恋愛】だと私は思います。