日本語しか喋れない私が、韓国のダンススクールに通う

2019年7月26日 更新 LIFE・TRAVEL
日本語しか喋れない私が、韓国のダンススクールに通う
アニョンハセヨ!あやかです!

韓国生活について色々紹介していますが、他の記事は読んでいただけましたか?

今回はダンススクールのことについて紹介しようと思います。

そもそも、なぜダンススクールに?

まず私がそもそも何故ダンススクールにしたかということからお話ししますね。

私は元々、日本でアイドルになるためのレッスンを受けていました。
詳しいことはこちらで紹介してもらってますので、ぜひ合わせて読んでください!
私は韓国アイドルに憧れ、韓国で活動がしたいと思っていたので、韓国の事務所に在籍するという目標がありました。


韓国の芸能事務所にはどうしたらよいか?

1)オーディションを受けられる
2)事務所にはいる
3)韓国にいく

などなど、その当時の私に考えつく方法を考えてみました。
その当時の私の実力や、自分に今すぐできることは3)の韓国にいくことでした。


闇雲に韓国にいくだけでは意味がないので、

"韓国の事務所に所属するには?"
"私でも確実に出来ることは?"

と考え、とにかくインターネットでたくさん調べました。
 (3196)

韓国へダンスを受けに来るというのもここ最近ではかなり増えていて、有名どころであれば「1 million dance studio」など今ではダンススクールはたくさん見つけられますが、私が初めて韓国に住んだその当時はまだダンス留学という概念がまったく無かったので、情報がほとんどなくかなり困りました。

今ではTWICEにも日本人メンバーがいるので、日本人の練習生を募集する事務所が増え、日本に向けてのオーディションもたくさん見受けられます。

しかし当時は日本人が韓国で活動するという概念がほとんどなく、韓国でアイドルの練習生をしている日本人は多くいない時代。
その中で人脈も後ろ盾もなにもない私が挑戦できるものを探して行き着いたのが、このダンススクールでした。


韓国の大手事務所と提携して定期的にオーディションを行なっており、さらに、日本で私が受けているようなアーティスト養成クラスがありました。

「ここだ!」と思い、通うことを決意。
「NY DANCE SCHOOL」というダンススクールです。


日本人はもちろん誰一人もいなくて、日本人で通いに来たのは「AYACAが初めてだよ」と言われました。それほど、ダンス留学が主流ではなかったのです。

ダンススクールの費用は?

「NY DANCE SCHOOL」ダンススクールの費用ですが、その当時は一ヶ月で大体5万円程度でした。
レッスンはすべて受け放題でレッスンが無い時間でレッスン室が空いている時は、自由に自主練習で使っていいという内容でした!

通うための準備

通うために特に特別な準備は必要ないです!

1)まず予約も必要なく、直接ダンススクールに訪問したら大丈夫です。

2)クラスの説明を受け、あまりにもダンスが出来ないとオーディションクラスには入れないので、"ダンス歴"を聞かれるのと"どのくらい踊れるかのチェック"がありました。

3)書類を記入してお支払いをして完了です。


あとは自分が通いたい日にちからスタート出来ます。 

レッスン内容は?

「NY DANCE SCHOOL」スクールのレッスン内容は、いろんなジャンルのダンスを自分が選択して受けれます。

その中でも、必須受講クラスというものがありそれだけ外さず受けて、公開オーディションが月に一回のどこかの土日で開催されるので、その日に向けて毎日練習の日々でした。

空き時間は自由にスタジオを利用できるので各自自主練をし、早く先生が来ていたらここを見て欲しいと自己申告し、先生にも自己アピールをしっかりして、生徒は皆空き時間を有効活用していました!


みんなやる気に溢れていて、「自分が!自分が!」と自己主張もしっかりしていていたので、私が入会してすぐの頃は気迫に押されてたじたじな日々…(笑)


「やっぱり私には向いてないかな…?」
「言葉もできないし…」

とネガティブになることもありましたが、初めから全て完璧に出来る人はいないし、とりあえず全力でやってみないと何も始まらないので、私も真似して必死に練習しアピールを続けました!
 (3198)

公開オーディションとは?

公開オーディションは受ける全体の人数を三等分くらいに分けられて、はじめの30分で新しいダンスの振りを教えられ、10分後にすぐスタート!という感じ。
最初は戸惑いましたが、何回か受けるごとに慣れていきました!

ただ教えられたように踊るだけでなく、どれだけ自分をアピールできるかが勝負なのでその時の集中力はすごいんです!(笑)

定期的に行われるオーディションなので、良い人がいれば合格。なので毎回合格者がでるというわけではありません。


そんな感じで毎日ダンススクールに通い日曜はお休みか公開オーディション、平日の昼間は語学を習いに通うという日々を過ごしていました。

反省と後悔とアドバイス

 (3200)

私はいろんなタイミングもあり、一度日本に帰ろうと思い帰ってしまいましたが、あのまま続けていればよかったなという後悔もあります。後になってから分かることですよね…!


その時は必死で無我夢中で周りが上手くいく焦りと未来が見えないことでたくさんの不安に駆られましたが、今となればそんな時の自分も可愛らしく愛らしく思えるし、今すぐに未来が見えなくても続けていれば必ず何か道は拓けるので、諦めずに続けるということは本当に大切だなと今になってやっとわかりました。

辞めることはいつでも出来るので、何かを今頑張っているけど未来が見えなかったり、辞めるか迷っていることがある方は、もう少し続けてみてください。

私は辞めてしまったこと、そのまま続けなかったことに後悔したので、続けてから本当に違うとなったときに辞めるのもいいのかなとも思います。
話が少しずれてしまいましたが!


私がその当時、通っていたダンススクールはこんな感じでした。

今はいろんな制度が整っていて、韓国の芸能事務所主催でその事務所で実際に生活し、レッスンを受けオーディションまでしてくれるというころもあったり充実しているので、是非気になっている方は挑戦してみてください!!!!



今回は「NY DANCE SCHOOL」だけ紹介しましたが、また他の韓国にあるダンススクールも紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。


アンニョン〜!