香港旅行〜念願の三大夜景と尖沙咀(チムサーチョイ)〜

2019年6月25日 更新 LIFE・TRAVEL
香港旅行〜念願の三大夜景と尖沙咀(チムサーチョイ)〜

ふじおかまいです。

私は、旅行が大好きです。世界は素敵なもので溢れていて、自分の足で知らない土地を見て周って、何かを発見して感動することができるからです。

私はディズニーランドが大好きで、「海外のディズニーランドに行ってみたい!」という想いがずっとありました。仕事がある為長期の休暇はとれず、遠い場所への旅行は日数確保を考えると現実的に難しいので、近場で短期でも行ける香港のディズニーランドに行くことを決めたのです。


今回は
「香港旅行〜念願の三大夜景と尖沙咀(チムサーチョイ)〜」

「香港ディズニーランドホテル『ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ』」

「香港のディズニーランド。体験したアトラクション一挙公開!」
の三編に渡りまとめました。


まずは香港旅行の街並み編から綴っていきます。

香港といえば、繁華街の尖沙咀(チムサーチョイ)

Hong Kong Hongkong Asia - Free photo on Pixabay (2352)

旅行は3泊4日。まずは九龍(クーロン)半島南端の商業地域である尖沙咀(チムサーチョイ)へ。こちらには、2泊で宿泊しました。尖沙咀は、ネイザンロード(九龍の中心にある大きな通り)を中心とし、一日を通してずっと楽しめる地域です。高層ショッピングビルもたくさんあります。カントンロードにはモールが並び、とても賑やか。

尖沙咀は、香港一の繁華街として知られています。

夜景スポットをツアーで周る

ずっと行ってみたかった香港の夜景スポット。ヴィクトリアハーバーとアバディーンの水上レストラン、それにヴィクトリアピーク。これは、一気に観たくてツアーで行くことにしました。ツアーだと夜景を観るのに適した場所や時間、香港についてなど色々教えてくれながら現地に連れて行ってくれるため、時間の無駄もないし要領良くまわれて、とても良いですよね。

今回のツアーは、VELTRA(ヴェルトラ)という会社のサイトで予約しました。サイトには、アクティビティごとに細かいプランが組まれています。私の場合、どうしても夜景を観たかったので、香港の三大夜景を一度に観られる食事付きのプランを選びました。

同じ夜景を観るのにも乗り物を変えたプランなどもありました。時間帯もいろいろあり、現地に着く時間に合わせて無駄なくプランを選べたのはとても便利でした。

尖沙咀のホテルに着いた後、荷物をほどいてすぐに外出しました。ツアーの予約時間までは少し時間があったので、待ち合わせのインターコンチネンタルホテルの中をふらふらしながら時間が来るのを待っていました。

待ち合わせ場所では、日本語が話せるガイドさんが待っていてくれたので、スムーズにツアーに参加することができました。食事もツアーのなかに組みこまれていましたので、まずは歩いて食事に。

Mask of Si Chuen & Beijing(マスク オブ シセン アンド ペキン)

向かったのはMask of Si Chuen & Beijing(マスク オブ シセン アンド ペキン)。ミシュランガイドでビブグルマンに選ばれているお店です。ここでは、四川料理・北京料理・上海料理などが食べられます。

店内には、いくつもの四川の伝統芸能のマスクが吊るされていました。それぞれに表情や大きさが異なり、とても迫力があります!しばらくマスクを眺めていると、薬膳メニューのコース案内が渡され、順番に5種類の食事やデザートが運ばれてきました。

料理に使われている食器にも、独特の雰囲気の絵柄が描かれていて、とても雰囲気があり素敵でした。どれもとっても美味しいお料理をいただきながら、ゆっくりと過ごしました。そして、いよいよ夜景へ。

ヴィクトリアハーバーでシンフォニーオブライツを鑑賞

 (2343)

最初に向かったヴィクトリアハーバーでは、なんと毎日街ぐるみでシンフォニーオブライツという夜景のショーを行っていました。シンフォニーオブライツは、風水ビルとして知られる中国銀行や、地上415mの高層ビル・ifcモールを中心に、九龍・香港の両岸に並ぶいくつもの建物がイルミネーションを。流れる音楽と共に夜空にはレーザーやサーチライトがショーを演出していました。ギネス世界記録に認定されている光と音楽のレーザーショー。これを毎晩20時から13分間。凄いですよね!

流石に有名な観光スポットだけあって、やはり混み合っていました。記念撮影を撮ってくれる業者の方も多かったです。私もヴィクトリアハーバーをバックに撮っていただきました。大切な想い出です。

そして、ここから船に乗りました。船の名前はスターフェリー。九龍・香港島を結ぶ、ヴィクトリア湾の名物になっているフェリーです。九龍島から香港島へ。香港島にはバスが待機していました。早々とバスに乗り込むと、ガイドさんのお話を聞きながら、次の夜景スポットへ向かいました。

アバディーンの水上レストラン「ジャンボ・キングダム」

 (2344)

香港島南部の町アバディーンにあります。水上レストラン「ジャンボ・キングダム」。こちらは、映画にもよく出てくる有名な水上レストランです。レストランは、岸から少し離れた水上に建っているため、小さな船に乗らないと行けません。それがまた、とても魅力的でした。
 (2346)


今回はツアーで行っていたので残念ながらレストランでの食事は出来ませんでしたが、こういった水上にあるレストランでの食事は一度もしたことがないので次回は是非行ってみたいと思っています。

世界三大夜景のヴィクトリアピーク

 (2347)

ヴィクトリアピークは、九龍島と香港島を一望できるスポットです。世界三大夜景ともいわれていますね。ピークトラムの山頂駅にあるスカイテラス428から観ることができます。ここは、山の中腹に位置しています。ピークタワーという複合施設もあります。ここでは、甘いものを食べたりして休憩しながら美しい夜景を楽しみました。

香港の夜景は、さすが100万ドルの夜景といわれるだけあって最高に綺麗でした。街全体が色んな色でキラキラしています。ずっと観ていたいくらい。宝石箱を覗いているような不思議な感覚でした。しばらくの間、夜景から目を離せずにいました。しっかり目に焼き付けておきたかったのです...。
ツアーはここまで。帰りも指定ホテルに送迎していただいて、全て含めて4〜5時間程で終わりました。かなりタイトなスケジュールです。移動も少し小走りな時もありましたので、体力に自信のある方にお勧めします。

この後、最初に食事したMask of Si Chuen & Beijingに戻り、他に気になっていたメニューも食べることに。最初に行った時に出てきたコースメニューは、辛くないものばかりだったので、子どもにも安心して美味しく食べられそう。

ツアーが終わってから個人的に頼んだものは、すごく辛いものが多かったです。でもやはり、どれもとても美味しい。メニューも日本語表記ありで、大人から子どもまで楽しめるお店だと思いました。

女人街(ノイヤンガイ)のナイトマーケット

ツアーが終わり、香港二度目の食事をとり、向かったのは女人街。こちらは旺角(ウォンコツ)にあります。男性向けのアイテムが豊富な男人街(ナンヤンガイ)とあわせて九龍の二大ナイトマーケットと呼ばれるほど、とても有名なスポットです。

二大ナイトマーケットは、ネイザンロードを挟んで、東西に位置しています。女人街は東側。今回は女人街だけしか行けませんでしたが、次回は子どもたちのアイテムを揃えに男人街にも行ってみたいです。

女人街では、女性向けのプチプラな衣類・雑貨・小物などの生活用品を中心に露店がずらっと立ち並んでいました。あまりの露天の多さにびっくり!なかなか日本では味わえない雰囲気です。営業時間も長い時は24時くらいまでやっているそうなので、ツアーの帰りに寄って大正解でした!

ナイトマーケットを楽しむための手段の一つとして、値切り交渉を楽しみながら、自宅用のお土産を買いました。そしてここでも、少しだけ香港グルメを楽しもうとふらふらしながら気になったお店に入って軽食を食べました。中には好き嫌いがはっきり分かれるような食べ物も。でも、やはり自分の足で見て周って、その土地でしか出来ない事をして、その土地のグルメや雰囲気を楽しむのは最高です!

このようにして、香港旅行一日目は、夜景鑑賞を満喫し、その後はナイトマーケットを散策し、ローカルフードや買い物を楽しみました。

香港の街をさらに探索する

香港旅行二日目。歩いて歩いて行ける限りのところを見て周りました。尖沙咀では、免税店やペニンシュラホテル、ハイブランドの路面店に並んだり。お土産なども購入したり、行きたかった場所に行って、買い物を楽しみました。またまた香港グルメも満喫しました。
 (2349)


私は旅行に行く際、食に対して必ずする事があります。実際にローカルの方たちが並んでいるお店を見つけ、並び、ローカルフードを食べる事。それと雑誌に載っている有名なお店に行く事です。ローカルの方が並んでいるお店はまず美味しい!地域によっては、お値段もかなりお安く食べられます。雑誌に載っているお店は情報通り美味しかったり、違うことも。今回の旅行もそうでした。

香港の食べ物でお気に入りはエッグタルトとエッグワッフル。香港で人気のローカルスイーツです。エッグタルトは、タルトの中に熱々でとろっとしたカスタードがはいったスイーツです。ローカルでメディアにもよく出ている澳門茶餐廳(オウムンチャーチャンテン)というお店のものが特別美味しかった。

エッグワッフルは、卵やタピオカ粉にチョコなどを練りこんだ、さくさく・もっちりとした食感のスイーツ。宿泊ホテル近くの屋台のものを食べました。どちらも思い出の味になりました。またいつか食べたいです...。

中心地にも行きましたが、電車に乗って少し離れたところへも行きました。とても印象に残っているのが香港の建物。香港の建物は、とても大きく迫力がありました。たくさんの部屋数がある超高層マンションがそこら中に。本当にすごい...。

びっくりしたのは、モンスターマンション!見たことがある方は皆さん同じかと思いますが、とにかく目が離せません!モンスターマンションは、香港の電車MTRの「太古(タイクー)駅」を出て右に5分ほど歩くとあります。わたしはマンションの外側だけを観ましたが、内側から観るモンスターマンションは、映画の「トランスフォーマー・ロストエイジ」のロケ地となっているそう。
Hong Kong Skyscrapers China - Free photo on Pixabay (2351)


モンスターマンションの外側は、真っ直ぐではなく、反っているように見えました。増築を繰り返しているからだとか...。それにしても存在感がすごい。さすが人口密度が高い香港。圧巻の景観でした!

一日で歩いた歩数は23000歩以上!この日の締めくくりに、歩きすぎた疲れを癒すためにホテル近くのマッサージ店へ。まだまだ旅行は続くので、リフレッシュするためにマッサージは欠かせません。今回は、フットマッサージを受けました。

香港旅行二日目は、このように街並みを存分に楽しみました。香港旅行三日目となる翌日は、とうとう夢のディズニーランドへ!
次回は「香港ディズニーランドホテル『ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ』」の記事を更新します!お楽しみに。