子連れ海外、心も体も身軽にしてくれる無敵アイテム。

2019年11月14日 更新 LIFE・TRAVEL
子連れ海外、心も体も身軽にしてくれる無敵アイテム。
来年の子連れ海外プランまで計画しているぐらい、旅が大好きなEMI Tigerです。
今回は、【本当に持っていくべき!便利なもの】を教えます!

飛行機で使う、無敵アイテム!

Plane Aircraft Airplane - Free photo on Pixabay (5905)

まずは旅の中でも、子連れにはかなり重要になってくるのが、飛行機。海外旅行となると、長時間のフライトになることもありますよね。

我が家の娘は、0歳の初フライトが8時間。今までで一番長いのが、3歳の冬にロンドンへ行った、13時間。


0歳児
まず0歳ですが、0歳児といえば、よく寝る。
泣いても、耳が痛いとかでなければ、ママの抱っこや授乳やミルクで泣き止む確率が高い。

色んなブログやサイトには、あれこれ書かれていますが、ただですら荷物が多い乳児期。抱っこやベビーカー が必須な時期でもあるので、この時期はお気に入りのおもちゃと新しいおもちゃ、お気に入りのおやつ。
これで十分です。


1〜2歳児
1.2歳になってくると、歩きだして動きたい欲がでてくるので、DVDやipadなどで、映画や好きな動画を用意します。あと大事なのが、子供の耳に優しいヘッドホン。


3〜4歳児
そして!3.4歳になってくると、足を伸ばすと席からはみ出る。横に寝られると、ママが身動きとれずしんどい。ここで大活躍なのが、オットマンです。

コロコロ転がせて機内で組み立てる高額なものもありますが、オットマンだけであれば、ネットで¥1000-¥2000で買えます。
そしてコロコロ転がすタイプの某ブランドのものだと、航空会社によってはNGですが、私の経験上、膨らますだけのフットレストは、通路側でなければ、大体の航空会社が使えます。

私は、窓側に娘、通路側に私が座り、娘の足元にこのオットマンを膨らませて置きます。娘は真っ直ぐ足を伸ばして快適に。

ママは身体を斜めにして、足をオットマンに乗せて快適に過ごすのです。プレミアムエコノミーとかで使うと、もはやビジネスクラスなみに寛げるので、大人だけでもオススメです!

食事に役立つ無敵アイテム!

Luggage Suitcases Baggage - Free photo on Pixabay (5910)

0.1歳は授乳や離乳食なので、1歳半ぐらい〜のお話ですね。

民泊やお家型の滞在となると、食材を持っていけばなんでもできちゃうので、今回はホテル滞在の場合を書きます。


ホテルのレストランは基本的にサービスもいいし、行く都市によっては食事は困りませんが、連日の外食や濃い味付けに子供は疲れてしまいがち。
レストランなどで食べ物を持ち込むのは、さすがに難しい。なので、私が持っていくのは、夜食や食事が合わなかった時用に、レトルトのお粥を持っていきます。

ホテルで簡単に温める方法は、コーヒーなどを飲むポットに、お湯と一緒にパウチを入れるのです!そうすればあっという間にあったかいお粥のできあがり!

旅先で風邪をひいたり体調を崩した時なんかにも便利です。これに鰹節やふりかけなんかがあると、子供も喜びます!

大量の荷物を解消してくれる、無敵アイテム!

子連れ=最低でも2人分。家族でとなると3人。兄弟姉妹がいるとなると…とんでもない荷物の量になりますよね。

ここで大活躍するのが、手で圧縮できる圧縮袋!!100円ショップなどでGetできちゃいます!

冬場の旅行なんかは、特に荷物が増える。現地で洗濯しないとなると、脱いだ服ほど嵩張る。なので行きも帰りも、お洋服は圧縮袋でぺったんこにしてしまいましょう!

無敵アイテムまとめ。

Photo by Brandless on Unsplash (6044)

via Photo by Brandless on Unsplash
お洋服だとか、常備薬だとか、おもちゃだとか、当たり前のものはおいといて。

プラスαあると無敵になれるのは、
・オットマン→飛行機の無敵アイテム
・お粥&ふりかけ→食事の無敵アイテム
・圧縮袋→荷物の無敵アイテム
この3つ。

旅は遊びに行く場所。
私はおもちゃも現地調達派なので、娘の用意となると…

・無敵アイテム3つ
・薄味和食好きな娘のためのおやつ
・お洋服
・ボディクリーム
・常備薬
・ipad&ヘッドホン

以上です。


たくさんあれ持ってけこれ持ってけと書かれてたりしますが、これだけあれば十分快適に旅は過ごせます。

次の旅は、行きは荷物も心も少し身軽にして、出発してみてはどうですか?




是非こちらの記事も合わせてチェックしてみてください。