アイドルになりたい!韓国が好きすぎて韓国移住を決めた

2019年7月17日 更新 LIFE・TRAVEL
アイドルになりたい!韓国が好きすぎて韓国移住を決めた
アンニョンハセヨ!あやかです。
私は今、韓国に住んでいます。近い国ですが、それでも海外なので日本とはいろいろと違います!


「海外で暮らしたいけどなかなか思い切って踏み出せない!」っていうお話をよく聞くので、実際に海外で生活してどうなのか?きっかけは?などなど、リアルな実態を書いていこうと思います!


細かく書いていこうと思うので今回は〜住みだしたきっかけ〜を。

東方神起との出会いで、韓国にハマる

ありきたりですが(笑)高校生の時に、東方神起をみて歌もダンスも上手くて「なんだこれは!!」と感動したことが始まりです。

バラエティで見かけてトークも面白くてどんどん興味がわき、そこからはK-POPの魅力に惹かれ、韓国すべてにどっぷりとハマりました。
 (2694)

それからは韓国の虜。来る日も来る日もK-POPや韓国のバラエティー番組、韓国ドラマばかりを見ていました。
周りの友達は流行りのドラマの話をしているのに、私は韓国のテレビ番組やK-POPアイドルばかり見ていたので周りの会話にはついていけないほど(笑)その頃から私の頭の中は韓国一色でした!

そんな中、だんだんと見ているだけでなく「いつかは私も韓国で住みたい!」「アイドルになりたいな!」とふんわりですが思うようになっていました。

韓国移住を視野に入れた短期留学

ずっと心のどこかで「韓国で活動したい!」という気持ちが消えない日々を過ごしていました。まずは、初めての韓国旅行に友達と行くことに!

旅行に行ったら、さらに韓国に住みたいという気持ちが高まりました。
 (2747)

日本では、アーティスト向けのダンス・ボーカルレッスンを受けていましたが、その時の私にはこのまま日本でやっていても韓国でアイドルになれる道が見えなかったので「いっそのこと韓国に飛び込んでみよう!」と考え始めました。

韓国語も全く話せないし、韓国に友達も知り合いも居ない本当のゼロからのスタートだけど、とりあえず行ってみないと何も始まらないし!と思い渡韓移住を決意。


韓国移住に不安はありましたが、不安よりも「ついに憧れの韓国で生活ができる!」という前向きな気持ちの方が大きかったです。韓国はすごく近い国なので危なくなったり嫌になったら、「最悪すぐに帰れるし。」と楽観的に考えるようにしました。


まずは1ヶ月だけ住んで様子をみて、そのあとは半年を行ったり来たりしながら韓国でダンストレーニングを始め、徐々に韓国での生活に慣れるようにしていきました。

実際に短期で住んでから長期に住むまでの期間

実際住んでどうたったかは、また別の記事で詳しく書きますね!


実際に住んでみると友達も出来てきました。
そこから長期で住むまでは、1ヶ月に1〜2回というスパンで渡韓し、また短期で2.3ヶ月だけ住んでみたりをしながら、「韓国に住みたいなら韓国で私ができることを探さなきゃ!」と思い、日本と韓国を往復しながら模索する生活をしていました。
具体的に行ったり来たりしている間は、韓国の記事のキュレーターをさせてもらったり、ダンススクールで知り合いを作ったり事務所を紹介してもらったりして、自分が韓国で生活や活動できる道を少しずつ築いていきました。

ついに拠点を韓国に!

日本と韓国を往復する生活をし、やっぱり何年経っても「韓国で活動したい!住みたい!」という思いが全く薄れなかったので、"この気持ちは一時的な思いでなく本当に韓国で自分のやりたい事をしたいんだな"と自分の思いの深さを再度確認できたので、拠点を韓国《ソウル》に移しました。

現実面では、韓国で活動できる目処がたったり、知り合いも増えたので生活ができていけそうだというバックグラウンドもありました。
 (2755)

こんな経緯で今現在、韓国《ソウル》に住んでいます。

第三の韓流ブーム言われている今、たくさんの方がまた韓国に興味を持ち韓国で実際に住んでみたい!という方もより一層増えていると思います。

そんなみなさんへの何かきっかけになればいいなと思います。

実際に住んでみてどうなのか?
韓国のダンススクールってどうやって通えばいいの?
ご飯や言葉など最初はどうしていたの?
などなどの詳しいことについては一つずつ詳しく書いていきますね。


また、韓国での活動の経緯をInfluencer Girlでも取り上げてもらっているので、こちらも一緒に是非チェックしてください!