家 族・子 育 て

7歳で手術した次男~過剰歯・埋伏過剰歯の抜歯手術体験記~

 

こんにちは。ふじおか まいです。私は3人の男児の母ですが、次男が7歳の時に受けた過剰歯・埋伏過剰歯の抜歯の手術を受けたことがあります。

「可愛い我が子が手術を受ける!?」と、初めての事でどうしたらいいのか分からないし、とても心配で不安だったんです。これから子どもの手術の予定があるママさんの参考になればいいなと、体験記を書いていこうと思います。

 

過剰歯をみつけた日

 

最初に過剰歯をみつけたのは、次男が7歳の頃でした。

何気なく次男の歯の状態をチェックしていて、この時見たのは上顎の前歯の上に歯がちょこんと生えている状態の過剰歯。「あ!八重歯生えちゃってる...。」と思ったのを覚えています。

てっきり八重歯が生えているんだと、この時の私は勘違いをしていたのです。

だけど念のためにかかりつけの歯医者さんへ行って相談してみると、そこでこの八重歯のような歯が過剰歯だという事を初めて知ったのです。

 

過剰歯はレントゲンで確認できる

過剰歯だと診断を受けたあと、過剰歯過剰歯の生え方などをチェックするために次男はレントゲンを撮ってもらいました。そしてこのレントゲンを撮ったことで、過剰歯とは別の複雑な状態の歯がもうひとつ見つかったのです。

それは、埋伏過剰歯という歯。なんとこの歯は、鼻のすぐ下の骨の中に埋まっていて、恐ろしいことにこの位置に生えている埋伏過剰歯は、子どもが大きく成長していくに連れて、鼻の方に向けて生えてくる可能性があるため、早めに手術を受けたほうがいい。とのことだったので、かかりつけの歯医者では手術ができないためすぐに医科歯科大学病院宛の紹介状を書いていただきました。

 

過剰歯(かじょうし)・埋伏過剰歯(まいふくかじょうし)って何?

過剰歯とは、通常の歯の本数よりも多く形成された歯のこと。口の中に生えてくる歯と、顎の骨の中に埋まっている歯(埋伏過剰歯)があります。過剰歯がよく見られるところは、上の歯の真ん中。次に多いのが、前から 4~5番目の小臼歯部だそう。過剰歯の形は円錐状で、小さい歯が多いと言われているそうです。

また、逆生の埋伏過剰歯の場合、年齢が高くなると過剰歯が鼻側に移動してしまったり、近くにある永久歯の根が吸収したり、埋伏過剰歯が膿を持ったりするなどの原因になることもあるそうです。次男の場合は、口の中に生えてくる過剰歯と、逆性の埋伏過剰歯という過剰歯が2つ生えている状態でした。

過剰歯について詳細は下記リンクにて。

『Medical Note』

 

診察〜手術の内容

紹介状を書いてもらってから早速予約を取り、医科歯科大学病院に診察に行き手術の内容を聞くことに。

内容を聞いた上で日程を調整し、手術の予約を取りました。すごくドキドキしたのを覚えています。大人の私でも怖いと思う手術。当時7歳の次男には恐怖でしかなかったと思います。

手術の内容は、簡単な過剰歯の処置から始め、次に複雑な埋伏過剰歯を抜歯するとのこと。(上顎に生えている過剰歯の抜歯をした後、歯の裏の何本分かの歯茎を切開し、めくって骨を削り埋伏過剰歯を抜歯し、縫合するといったもの。)骨を削るため、麻酔はしっかりと2本から3本打つということで、手術にかかる時間は約1〜1時間半程度とのことでした。

 

いよいよ手術当日

 

当日は次男もソワソワしていたようで、余裕をもって少し早めに病院に着きました。

まずは麻酔を打つところから。2本から3本と言われていた麻酔を、実際の手術では4本...かなり丁寧にいれてもらいました。この麻酔だけで約30分から40分経過。麻酔を打ち終わった後はトイレ休憩をとり、オペ開始です。

麻酔を打っている間はそばで次男の様子を見られましたが、さすがにオペは見られないため、オペ室の外で待つことに。少し病院のコンビニに行ったりしてオペが終わるまで過ごしていて、コンビニで買い物が終わり、オペ室の前まで戻るともうすでに手術が終わっていました!早い!手術は実際には1時間かかったかな?というくらい予定より早く終わりました。

 

術後の様子

術後はまだ麻酔も効いていたので、痛がらずにオペ室から出てきて口にはガーゼを噛んでいましたが、まだ血がダラダラと出ていました。麻酔が切れたときに痛みがでるから、飲んでおいたほうが良いとのことだったので、病院を出てから薬局に痛み止めのお薬をもらいに行き、すぐに飲ませてそのまま帰宅しました。

家に着き、手術が終わって、約1時間程が経った頃。少しずつ麻酔が切れてきたようで、“痛い!痛い!”と叫び、違和感を訴え始めギャン泣きが始まりました。

「そりゃあ、そうだよなあ...。骨を削ってしまったんだから、痛いに決まってる。」

私は次男にずっと付いて、励ましました。気休めにしかならないだろうけど、それしか出来ないし、次男が今まで見たこともないような泣き方をしていたので、かわいそうで仕方ありませんでした。

手術はお昼ぐらいから始まり、家に帰ったのが14時前後くらいでしたが夜22時くらいになっても痛がって泣いて寝られずにいました。だけど、ずっと一緒に傍にいてあげることで、次男はだいぶ落ち着いた様子でした。夜には血は止まっていたかと思いますが、術後は血が沢山出てくるので、替えのガーゼをもらえますが、家にも別で用意しておくといいです。

 

手術が終わってみて

 

7歳での過剰歯・過剰埋伏歯の手術でしたが、無事に手術が終わり、次男はもうすぐ12歳。手術のことは少し覚えているけど、トラウマになっていないようです。

まだ小さい頃の出来事なので大人になったら記憶が曖昧になり、トラウマになったりすることがないと思うし、大人になってから過剰歯・埋伏過剰歯に気づいた場合、もうすでに歯並びに影響が出ていたり、過剰埋伏歯が鼻のほうに動いてきてからの大変な手術になり、負担が大きくなっていたのだろうなと思うと、子どもがまだ小さいうちに見つかって、手術を受けることができて本当に良かったなと思います。

これからお子さんの手術の予定がある方、まずは子どもが安心して手術を受けられるように、心配しすぎず出来るだけ子どもがリラックスした状態で手術を受けられるようにしてあげてくださいね。術後のケアも、子どもが好きなアニメを見せてあげたり、いっぱい抱っこして甘えさせてあげてください。一緒に頑張りましょう!

 

The following two tabs change content below.
ふじおか まい

ふじおか まい

3人の男児のシングルマザーです。 ママ読者モデルを経て、現在インフルエンサー・ライター・在宅ワークをしています。 グルメ・旅行・おでかけ・ゴルフ・お買い物・ディズニー・楽しいこと大好き。いろんなことを記事にしていきたいです。

-家 族・子 育 て

Copyright© BLANCA(ブランカ) , 2020 All Rights Reserved.