人気テレビ番組「テラスハウス〜軽井沢編〜」に出演していた又来綾さんをインタビュー!現在は、大学生でありながらもSTELLA VIANAというアパレルブランドのクリエイティブディレクターを努める努力家の彼女。

又来綾さんがテラスハウスに出演していた時のお話や、出演してからの人生に転機についてインタビューしました♡

質問:BLANCA編集部
回答:又来綾

テラハと学業の両立で5時起きの日も

 (6261)

ーテラスハウスへ出演して、私生活で変化はありましたか?

テラスハウスは以前からずっと見ていて、今まで生きてきた中で1番好きな番組で、憧れていました。
自分の出演が決まってから、放送される日までは誰にも話していなかったのもあり、周りでも見ている子が多かったので、とても驚かれました。過去最高SNSの通知が止まらなかった日です(笑)

今までは、家に帰って家族がいることが当たり前でしたが、家に帰ると友達がいて、気になる人がいてドキドキしたり、刺激があって毎日楽しかったです。

その中でも、大学への通学は正直大変でした。1限の日は5時起きとかだったので、「早く寝ないと!」と思ってもみんなと夜話しているのが楽しくてつい寝不足になってしまい毎日眠かったです(笑)

テラスハウスで生活していた頃のように、職業も年齢も育った環境も違う6人で住むことはこれからの人生そうそうないことだと思います。
そんなメンバーたちと毎日夜帰ってきてから1つのテーブルを囲ってお酒を飲みながら、たわいもない話をしていた事が1番の思い出です。

みんなでよくランチでサジロカフェというカレー屋さんに行っていたのですが、わたしは大学で基本昼間テラスハウスにいなかったので、みんなで食べるカレーが懐かしくて今でも食べに行きたくなります(笑)

ーテラスハウスに出演してから何か心境は変わりましたか?

人から見られているという意識が更に高くなりました。
「行動」「言動」はもちろん、見た目など全てにおいての意識が変わりました。

自分を客観的に見れるようになり、とにかく人との繋がりが増え、色々なご縁から学ぶことが増え、今自分自身日々成長しているなぁと感じています。

20歳自立して生きていくために必要な環境を整える

 (6265)

ーテラスハウスに出演した頃、「20歳で環境の変化があった」とお聞きましたが、どんな環境や心境の変化がありましたか?

自分にとって、20歳という区切りは「自立」という事をしっかり自覚し始めた時でした。

とくに家族からの自立。という意識を持ちながら生活をしていました。
すぐに何かあると母に相談してしまう事が多かったので、しっかり自分で考えて決めてから行動をするようにして、お金の面もある程度のプライベートな事は自分で管理するという決まりごとを設けました。

そこで付き合う友達や仕事をする人もしっかりと見極めないといけない。
と思い、自分自身の人生プランをよく考えるようになって行動してからは出会う人がどんどん変わり、自然と環境が変わっていきました。

 

今まで出会った事のない人と出会うことで、いろんな話を聞かせて頂いたり、それにより私自身たくさんの経験もさせて頂いたおかげで、自ら色んなことに挑戦するようになりました。
自分の意思をはっきり持つこともでき、小さい頃いじめに合っていた時からは考えられない程、自分の意見を伝えられるようになりました。

夢は口に出し続けて行動すれば必ず叶えられる

 (6263)

ー環境の変化をチャンスに変えた又来さん自身、自分の夢を叶えるためにどんな人と出会い、夢へと近づいて行きましたか?

自分で何かを発信している側の方の意見を沢山聞き、それに近い人を紹介してもらい人脈を広げるようにしました。
やりたい事を明確にして、そこに詳しい人の話を聞きに行ったりと、夢に近くなれるように行動をすることを常に心がけています。

そして、「女の子をキラキラさせて身近な距離で力になれるような仕事をしたい。」という夢に少しずつ近づいていくようになり、現在STELLA VIANAというアパレルブランドのクリエイティブディレクターに就任することが出来ました。

言葉にして行動すれば夢は叶うんだということを、身を以て感じています。