「ブランドプロデューサーになった経緯を全て告白♡夢は行動力で手に入れる!」小梛準子 Influencer Girl

2019年10月17日 更新 INFLUENCER
「ブランドプロデューサーになった経緯を全て告白♡夢は行動力で手に入れる!」小梛準子   Influencer Girl
今回は、人気モデル人気DJを経て、現在はブランドプロデューサー。そしてママの顔を持った多面性溢れる小梛準子さんをインタビュー♡月曜日〜金曜日まで連続配信です。

第四回目の本記事は、【ブランド立ち上げのきっかけ】について。



質問:BLANCA編集部
回答:小梛準子
 (5538)

「 モデルでDJでプロデューサーで、ママ!? 」小梛準子   Influencer Girl  - BLANCA

小梛準子さんのプロフィール&経歴はこちら。

現在ご自身のアパレルブランドを立ち上げて、どれくらいになりますか?

ちょうど2019年11月でブランドオープンしてから1年になります!

なぜバックのブランドを立ち上げようと思いましたか?

物心ついた時から絵を描くことが大好きで、お洒落な女の子の絵をよく描いていて、幼少時期からの夢はデザイナーでした。夢については今もそうですが、実現できなかった時が恥ずかしいのでほとんど誰にも話した事は無く、一人で黙々とそれに向かっていくスタイルです。(笑)

デザインの仕事に関わりたくて、アパレル販売を入り口にアパレル業界に入ったのですが、販売員から商品企画に入ること自体当時難しく、他の道を模索していました。

産後すぐの時にたまたまご縁があってお声掛け頂いたのが《juemi》さんとのコラボ商品でした。父が鞄一筋30年で鞄業界の人と言う話をした時に「それは面白い!」となり、juemiさんと父とのコラボレーションで一つのバックのデザインをしたのがブランドを立ち上げるきっかけになりました!

ブランド立ち上げに至るまでの経緯を教えてください。

 (5661)

実はモデルや芸能界を目指して東京に出てきたのではなく、ファッションが好きでいつか自分のブランドができたらという思いを胸にモデルや今までの仕事を頑張ってきました。


そこまでデザインに対する夢があったにも関わらず、なぜ服飾の専門学校に進まなかったのか?というと、同情を引きたいわけでも苦労話を聞かせたいわけでもないので、誰にも話したこともなく話したい内容では無いのですが、折角なので赤裸々に話してみたいと思います。(笑)

私は、小さい頃に両親が離婚し、母に引き取られシングルマザーの家庭で育ちました。
母が少ない給料や養育費から、私と妹2人の学費や生活のやりくりしているのを知っていたので、中学生の時から土日はランチタイムに知り合いのラーメン屋さんを手伝いお小遣いは自分で稼いで、なるべく母に金銭面の負担をかけないようにしたい。という気持ちが昔からありました。

そして、本気でファッションのことを学びたければ実際に現場へ飛び込んで勉強することも出来る!と決意し、自分でお金を稼ぐ生活でも十分学べると思ったので、高校通いながらバイト、卒業後もすぐにデザイナーに近づける環境で働く事しか頭にありませんでした。自分の夢に対する想いが本気なら、親の援助無しでも夢に近づけると信じていました。

また、当時4歳下の妹には私のように金銭面で遠慮して、学びたい事があるのに進学の道を諦めてほしくなかったので、少しでも家のお金は私では無く妹に使えるようにと、私は高校の学費も自分で働き母に渡していました。


前置き長くなってしまいましたが、こういった理由からデザイナーへの道はプロデューサーという観点から目指し、少しでもモデルで知名度をあげてファンの数を伸ばし、いつかは自分のデザインしたものを形にしたいという思いでやりたくない仕事も面倒なSNSの更新も(すみません(笑))頑張ってこられました。

まだまだ満足いくような結果や知名度は得ているとは全く思ってないのですが、今こうして少しずつ自分のオリジナルデザインの商品を作らせて頂く事ができ、夢に近付いたなぁと嬉しく思っています。

実際に商品化して販売するまで、動き出してからどれくらいかかりましたか?

 (5665)

最初のうちは商品作りから学ぶので、1型作るのにも半年ほど時間がかかっていました。今は慣れてきたので、2〜3ヶ月で1型完成します。

基本的なお仕事内容を教えてください。

 (5664)

【商品企画】
商品作りに関しては、商品を実際に形作るいわゆる職人さんの仕事以外は全て自分でしてます。

商品を作るのに工場に作りたいイメージを的確に伝えなければならないので、デザイン画を描いたり、自分の作りたいイメージに近いサンプルを探してきて切り貼りしたり、パーツ、生地、中身の仕様や、カラバリ、鞄の大きさなど全て自分で決めています。
実際に海外の市場まで行き、たくさんの生地やパーツを見たり工場で職人さんの手仕事を目の当たりにした時は感動しました。一つの商品が世の中に流通するのに、ここまで色々な人が関わっているんだなぁと思いました。納得できる生地やパーツが見つからない時は海外から取り寄せてもらう事も多いです。


【LOOK撮影のディレクション】
撮影現場、モデルさん、カメラマンさん、ヘアメイクさん、衣装を自分で探したり声掛けして用意し、当日はタイムスケジュールを作り全てのバランスを見ながら進めます。
動画の場合、音楽の選定など撮影に関わるビジュアル的要素は全て自分で決めてブランドの世界観を演出しています。


【POPUPSHOPや展示会の運営】
こちらもどんな内容で開催するか企画し、開催場所の選定、ディスプレイ、集客、メディア対策、必要な備品の買い出し、スタッフの手配、スタッフの教育、シフト作り等たくさんやる事はあるのですがこんな感じの事をするが、今の私の役割です。
一部受注シートや宣伝用のチラシ作りなどはイメージを伝えたり打ち合わせして鞄のOEMの社内の得意な人にお願いすることもあります。そして、POP-UP SHOPや展示会当日は自分も店頭に立ち、お客様やメディア関係者様、招待した友人の接客を自ら行います。


【マーケティング】
ブランドの公式インスタグラムの運用、告知やPR、インフルエンサーのキャスティングなどマーケティング周りも自分で決めています。長年やってきているので得意分野ですね。(笑)


【仕入れ】
今回2019/10/15〜24のラフォーレ原宿のPOP-UP STOREに向けて、初の商品仕入れをしています!海外と国内のメーカーでアクセサリーを仕入れましたので、是非店頭に見に来ていただけたらと思います。

その他には、ブランドの商品や世界観のアイデアのヒントとなるようなアーティスティックな事には敏感に日頃からチェックしています。あまり他社商品はチェックしないので、予想外に被ってしまった時には驚く事もあります。(笑)
常に自分の感性を磨く事を心がけて、景色やインテリア、アート、色々な物からインプットし、デザインに活かすためにすぐにいいなと思ったらメモしたり、写真を撮ったりして過ごしています。
デザインの仕事をするまでは流行にはあまり興味がなく、ブランドにも興味が無かったのですが、今どんなものが売れているのかネットもインスタのコーデの投稿も、街ゆく人もデパートもなんとなく市場調査目線で見てしまっている自分がいます。(笑)

現在数回展示会を開催されるまでに上り詰めたプロデューサーという立ち位置。どんな苦労がありましたか?

娘の産後からデザイン業をスタートしたので、私のデザイナー歴は娘の歳とほぼ同じです。(笑)なので、子育てで一番大変な時期にも、打ち合わせやPOP-UPの運営やLOOK撮影など…体力的にも時間が足りなくて、結果的に仕事も子育てもどちらも完璧にこなせない自分にいつも苛立っていたり、単純に一緒に仕事をする相手にも子供のことで迷惑をかけてしまっていると申し訳なくなったり、邪魔されて仕事が思うように進まなかったり…だいぶ子育てにも仕事にも慣れてきたと思ってはいるのですが、時々ぶつかる問題です。
周りがあっての私なので、子育て中でも受け入れて一緒に仕事してくれる仲間と、家で自分も仕事があるのにも関わらず全力でサポートしてくれる母に本当に感謝してもしきれないです。
常日頃から私の周りにいる方々には、母や仕事仲間に関わらず友達、フォロワーさん、皆さんに感謝しております。

これからの展望があれば教えてください!

 (5662)

ブランドの事に関して言うと、ずっと続けていけたらいいなと思っています。いつかアパレルのデザインもしたいです。やはりファッションに関わるお仕事は大変でもやり甲斐があり、とても楽しいと思えます。

プライベートでは前述した通り、すぐに業界の現場に入ってしまったので、今後は資格を取ったり留学等で学びたいなと思っています。何歳になっても学び続ける進化し続ける自分でいたいので、娘と母子2人海外留学なんかも夢の一つです。

また、今までのキャスティング能力やプロデュース能力を活かせる仕事も今後していけたらいいなと思っています。年齢的にも表に出る事より表の人を裏で支える、押し上げる、引っ張ってあげれるような人になりたいです。そして妊娠出産で、休業のようにならざる終えなかったDJ活動に関しても、自分の曲を作曲するなど形として残して、活動再開も子育てと仕事のバランスで無理なく少しずつしていけたらと思ってます。

BLANCA編集部:
夢に向かってコツコツと努力を続けた小梛さんだからこそ、掴むことのできた「ブランドデビュー」
きっとここで語られなかったこと以外にも、数えきれない量の努力や苦労があったことだと思います。

シングルマザーとして、娘を養い続けながら自分の夢を諦めず、娘との将来の為に日々先進する彼女は、美しいだけではなく内面から強さがにじみ出ています。
BLANCAではこれからも小梛さんとJgeneを追い続け、応援し続けます!

是非皆さんも、オフィシャルインスタグラムチェックしてみてください♡
次回は、ラスト!「シンママの子育てについて赤裸々告白」です!
10/18 20時〜公開予定です!

お楽しみに!BLANCA編集部でした〜!