「暗殺教室の主題歌を歌う宮脇詩音を徹底解剖スタート♡」宮脇詩音 Influencer Girl

2019年10月21日 更新 INFLUENCER
「暗殺教室の主題歌を歌う宮脇詩音を徹底解剖スタート♡」宮脇詩音   Influencer Girl
今回は、あの人気ドラマ「暗殺教室」の主題歌を歌うアーティスト宮脇詩音さんをインタビュー!2019年11月2日から放送のAbemaTV「こじらせ森の美女」にも出演し、大注目のアーティストです♡

記事は、月曜日~金曜日まで毎日連続配信です。


質問:BLANCA編集部
回答:宮脇詩音
 (5773)


今回は、あの人気ドラマ「暗殺教室」の楽曲の裏側についてお聞きしました♡

【Q】宮脇詩音さんは、普段どんな曲を書くことが多いですか?

 (5746)


私の恋愛の楽曲は、実体験を元に歌詞を書く事が多いです。

ただ、私自身恋愛経験が豊富な訳ではないので、実体験だけで作詞するとどうしても幅が狭くなってしまいます。なので、実体験ではない曲を作る時は実際に自分がこの曲の中の主人公だったらどういう感情でどういう言葉を発するかな?と考えながら、自分の感覚を元に書くように心がけています。

理由としては、やっぱり歌い手・自分自身が感情移入出来ないと、聞いてくれる方にも伝わらないんじゃないかなと思うからです。

【Q】楽曲は、主にどのように作られていますか??


楽曲のほとんどの《曲》は作曲家さんに提供してもらい、メロディーが乗ったものを頂き、そこに私がパズルのように言葉をはめていく作詞の仕方をしているのですが、一つの曲が仕上がる時に、楽曲や歌はもちろん、歌詞も凄く大切だと思っている為、歌詞にはこだわっています。



私自身も誰かの曲を聞いた時に、「この曲いいなぁ」と思うのは大体歌詞から入ります。

日本人として、言葉って物凄く大事だと思っていて、聴いてくれる方の感情移入も勿論大切ですし、何より伝える側の私が納得いく言葉選びをして、私らしく届ける事がいいと思っています。

歌詞を書くときは、人それぞれで昼間のカフェで書く人もいれば、移動中にメモに言葉を書きためる人も多いと思うのですが、私は基本的に夜から深夜、朝方に掛けて静かな時に部屋に引きこもって書く事が多いです。その方が集中出来ます(笑)


出来上がった歌詞を持ってプリプロ(本番前に歌詞のハマりや楽曲のキーを確認する為の仮のレコーディング)を行うのですが、その時に実際に書いた歌詞のハマりが悪かったり、サビの頭が印象弱いな、とか、最後の伸ばす高音が言いにくいな等あったりするので、その時にまた微調整して本番に挑みます。

その曲のストーリーも感情も、聞き手の人にきちんと伝わるように、出来るだけ分かりやすく書きたいなと思う事もあり、リスタートしてからの私の楽曲ほとんどが日本語のみで作られています。

【Q】今までで、ご自身の中でターニングポイントになった曲はありますか?

恋愛の曲を始め、自分の夢に対する思い、家族、友達に対する楽曲など、様々が楽曲がある中で、また新たなテーマの楽曲を2016年にリリースさせて頂きました。

「欠けた月」

「また君に会える日」

この楽曲達は、アニメ暗殺教室第2期のED曲になってます。


普段、私は歌詞を書く際前途で話したように実体験を元に書くことが多いのですが、「暗殺教室」の楽曲に関しては、「暗殺教室」の世界観を何よりも大事に描くことを心掛けました。
沢山の方に愛されている「暗殺教室」という素晴らしい作品の世界観をそのまま歌詞に落とし込みたいなと思ったんです。

実際に漫画本はもちろん、アニメや、台本もじっくりと読ませて頂き、歌詞を書き始めました。
 (5747)


殺せんせーと3-E組の生徒が「暗殺教室」の中で感じたこと、学んだこと、気づいたことって、普段の私達にも言えることだったり、忘れがちだけど大切にしないといけない気持ちだったりを再確認する事も多いなぁと感じたんです。
なので原作の世界観を大切にしたいという想いを一番に考えながら、私なりの言葉で歌詞を仕上げました。

更に「月光」「卒業証書」などの挿入歌も担当し、その後、劇場版「暗殺教室」365日の時間 主題歌「始業のベル」を歌わせて頂いたりと、暗殺教室を通して沢山の方に知って頂き、出会う事が出来ました。

【Q】「暗殺教室」の曲がリリースされてから反響や、ご自身のお仕事にどういった変化がありましたか?

 (5748)


SNSなどでは、日本だけでなく海外の方からも「暗殺教室の曲好きです」とメッセージを頂けたり、とても嬉しく思っています。


暗殺教室を通して日本だけでなく海外の方からも応援して頂けるようになり、韓国や中国でのアニメイベントなどにも呼んでいただけるようになりました。
中国でのイベントでは、私が暗殺教室の楽曲「また君に会える日」を歌い出した瞬間、お客さんのペンライトが、暗殺教室の主人公である殺せんせーのイエローカラーで会場が埋まり、それには感動しましたね。。。

言葉は通じなくても、国境を越えて音楽を通してたくさんの方と触れ合えるのはとても嬉しいことだなぁと思います。

そして今でも卒業シーズンになると、「また君に会える日」を沢山の方がSNSに載せてくれていたり、カバーして歌ってくれる人を良く見かけるのですが、それには積極的に「いいね!」を押しに行ってます!(笑)
アニメが終わってからも、こうして楽曲を愛し続けて貰えている事は幸せだなと思いますし、更にもっと頑張ろうって思えたり、本当に皆さんにはいつもパワーを頂いてます!

いつもありがとうございます♡

BLANCA編集部:

「暗殺教室」をきっかけに、この素敵な歌声に魅了された方も多いのではないでしょうか??今回はターニングポイントとなった楽曲についてお伺いしましたが、実体験を元に歌詞を書くという彼女のポリシーをメインに、次回はもっと宮脇詩音さんの心の内から作られた曲について深掘りさせていただきます!

是非彼女のツイッターやインスタグラムもチェックしてみてください♡
次回は10/22 20時〜配信予定です!
お楽しみに!

BLANCA編集部でした〜!!