「16歳の少女がなぜ、転校してまで東京ガールズオーディションに挑戦したのか」Influencer Girl 又来綾

2019年11月19日 更新 INFLUENCER
「16歳の少女がなぜ、転校してまで東京ガールズオーディションに挑戦したのか」Influencer Girl 又来綾
今回は、人気テレビ番組「テラスハウス〜軽井沢編〜」に出演していた又来綾さんをインタビュー!現在は、大学生でありながらもSTELLA VIANAというアパレルブランドのクリエイティブディレクターを努める努力家の彼女。
月曜日〜金曜日まで連続配信していきます。

前回に続き、第二回目の本記事は又来綾さんが東京ガールズオーディションに挑戦した16歳の時のお話をインタビューしました♡
質問:BLANCA編集部
回答:又来綾
「テラスハウス〜軽井沢編〜に出演していた、又来綾ってどんな人?」Influencer Girl 又来綾 - BLANCA

\前回の記事はこちら/

 (6152)

ー芸能の世界への憧れはありましたか?

幼い頃から、モデルという職業に憧れていました。モデル・女優としても活躍されている菜々緒さんが大好きで、一度きりの人生だし、挑戦しないと夢で終わってしまうと思い、オーディションに応募することを決意。

読者モデルのアメーバブログも盛んだったあの頃、広告が流れてきたのが東京ガールズオーディションだったんです。昔から東京ガールズコレクションのランウェイを歩きたいという夢を持っていたので、意を決してオーディションを受けることにしました。
 (6156)

ー16歳で学業と芸能の両立は、大変そうに感じます。実際どうでしたか?

私が通っていた高校では、芸能のお仕事はNGでした。オーディションを受けている段階で学校にバレたとしても退学。なので、仲の良い学校の友達にもオーディションのことは話さずに隠していました。

しかし同世代でも有名な東京ガールズコレクション。実際にイベントを観に会場へ来ていた友達もいて、その場でオーディションに出ていることが気付かれてしまいましたが、みんなとても応援してくれていました。


その後、結局芸能のお仕事とご縁があり前向きに歩んでいくことが決まったので、学校と話し合い通信制の学校へ転校することにしました。

確かに大変ではありましたが、両親が食事面、メンタル面、金銭面のサポートをしてくれたのでとても感謝しています。それだけではなく、「人生一度きりなんだから、やりたいことをやりなさい」と伸び伸びできる環境を作ってくれました。本当にありがたく、今でも頭が上がりません。
 (6160)

ーオーディションを受ける為に、努力したことはどんなことですか?

私はモデルという経験を何もしたことがなかったので、ダイエット・トレーニング・歩き方を学び、色々なショーの動画などを見て、「表現力」を勉強していきました。

本番になったら絶対に緊張で収縮してしまうと思ったので、外国の方の表現力を真似したくて、ビクトリアズシークレットのショーを観てたくさん勉強しました。
ーダイエットはどんなことを試しましたか?また、失敗したダイエットはありましたか?

基本的には、食事制限とトレーニングです。

朝はスムージー、昼はサラダ、夜はプロテインだけという極度なダイエットをしていて拒食症になったこともあるので、ここまでの食事制限はおすすめできません。

過度な食事制限は、拒食症になって食べ物が怖くなり、でも頭には常に食べることしかないというあの状況が本当につらかったです。トレーニングは昔教わったことがあり、知識があったのでトレーナーさんにお願いせず、自分でやっていました。
 (6164)

ー本番を迎えるまで、同じファイナリスト同士はライバルでしたが、今はどんな存在になりましたか?

年がみんなバラバラだったのもあり、とても仲が良かったです。レッスンなども一緒で良き戦友でした。

レッスンやオーディオで失敗してしまって泣いてしまった仲間もたくさん居ましたが、そんな時は1番近くにいた存在であるみんなで、「そんな時もあるよ。また成長だね。」と声を掛け合っていました。

今は私と同じようにavexを離ている子もたくさんいますが、思い出を語り合えるほどいい仲間となりました。
ー本番を迎え、ファイナリストになって感じたこと、得られたことは何ですか?

本番に強いタイプなので緊張せず本番を迎えられ、ありのままの自分でいいんだ。という自信を得ることができました。

自分をよく見せるために、自分を偽ると本当の自分がわからなくなってしまうし、私というありのままで受けて受賞出来たからこそ、人の真似をしないで私らしくいようと思いました。
ー又来さん自身オーディションを経験して、これからオーディションを目指す方達へ何かメッセージがあればどうぞ。

まず歩き方、ポージングなど憧れのモデルさんから学ぶのが1番だと思います。周りの人が羨ましく見えても、その人は私にはなれません。「自分らしさ」を忘れずに頑張って下さい。


BLANCA編集部:

16歳で挑戦したモデルオーディションは、彼女自身を大きく成長させてくれたきっかけだったんですね。

「自分らしく生きること」の大切さ。最近では、「自己プロデュース」とも言いますね。誰かの真似ではなくオンリーワンになるのは難しいかもしれませんが、実はとても大事なことです。飾らずにありのままで過ごす大切さを改めて感じました。

さらに、支えてくれる家族や仲間がいるからこそ自分らしくいられる。そうおっしゃていた又来さん自身も、相手に対して思いやりの気持ちを普段から持つことが出来ているからこそ、皆んなと良い関係が築けていけるんだろうなと感じました。
そんな彼女のセンス溢れるSNSも是非チェックしてみてください!
次回の記事は、「テラスハウスに出演していた頃の20歳の転機」についてまとめました。
11/20 20時〜配信予定です。

お楽しみに!!