Blancaのインフルエンサー連載企画、今回はモデルでママ。そして2019年5月に第三子の次女を出産された〔谷口紗耶香〕さんを取材させて頂きました。

現在は3児の母である彼女の、初めての妊娠から振り返ってもらいました。

専属モデルで第一線で活動中、突然の妊娠発覚!

 (2186)

ー最初の妊娠発覚時のエピソードを教えてください。

最初の妊娠は25歳です。Happie nutsの雑誌でモデルをして1年ほど経った頃でした。なかなか生理が来なかったので、検査薬してみたら陽性!!

初めての妊娠なので、右も左もわからない状況で戸惑いました。でも「私がお母さんになるんだぁ〜。」ってワクワクもしましたね。

 

ーちょうどモデル活動の最中だったんですね。となると、アパレルのお仕事もしていた頃ですか?

そうなんです。つわりは、びっくりするぐらいほとんどありませんでした!妊娠5ヶ月くらいまで普通に撮影していましたよ。安定期に入ってからは、アパレルの立ち仕事もフルで入ってました。以外とアクティブ。(笑)

アパレルで働いているある日、"東北地方太平洋沖地震"が起きました。ビルが揺れ、重機が落ち、皆んながとにかく慌てている状態。必死にお腹をかばってしゃがみこんで…。あの時の恐怖は本当に忘れられません…。

同時期に妊娠した友人もいて心強かった妊娠生活

 (2184)

ーあの大震災の時は、たくさんの方々の記憶に深く残っていますね。体内で新しい命を守っている状態での震災は、相当な恐怖だったと思います。その後、体型の変化とかはどうでしたか??

正直、どんどん変わっていく自分の体型には戸惑いました。モデル活動をしている状態で、自分の意図と反するように大きくなるお腹はどうにもできず、これまでは痩せることばかりを考えて過ごしていたので、余計に困惑しました。

でもマタニティ写真が撮れたのは撮ってもいい記念です。

 

同じ雑誌に出てたモデルに妊娠報告をした時、偶然に同じ時期に妊娠したモデルがいて、二人で「きゃー!!ウソーー!!」って抱き合って喜べたのが、私の中で心が救われた1つの思い出です。同じ時期に相談出来る友達がいるってこんなに心強いんだと感じました。

産後のメンテナンス不足でストレスも

 (2187)

ー同じ職場でのプレママは、なかなか心強いですね!悩みが共有できるだけで、いろいろな面で救われるような気がします。お二人目の時はどうでしたか??

二人目は里帰り出産したので、32週くらいから実家へ帰省しました。産後1ヶ月まで実家にいたので、割と時間もゆったり過ごせました。両親には感謝しています。

ただ、モデルというお仕事柄、常に美容やボディメンテナンスは欠かさなかったので、そういった面で「色が抜け切ったヘアカラー」「ボロボロになったまつエク」「伸びっぱなしの爪」が自分の中で許せなくて。(笑)直したくて仕方なかったです。(笑)

 

ー幼少期から美に触れているからか、メンテナンスとして外出できない期間(産後1ヶ月)は余計につらいですね。

「しょうがない」ってわかっていても、ボロボロになっていく自分という行き場のないストレスが溜まっていく感じ。家事育児をしているとネイルに行く時間もなかなか取れないので、出産されたお母さんのほとんどが悩む事かもしれませんね。

 

ー3人目の子育てについてもお伺いしました。続きはこちら⇩

今回取材したのはこの方

谷口紗耶香 埼玉県出身
1986/5/9
Instagramはこちら
オフィシャルブログはこちら幼少期よりティーン誌、TV、映画に多数出演。その後、数々の女性誌で活躍し現在は3児の母となり、ママモデルとしても活躍している。