こんにちは!おりこうえりこです!

自粛モードが続く中、子供と一緒にいる時間が長くなり嬉しい反面、家事と育児に疲れ果ててます…そんな中で虐待のニュースが流れるたび、他人事じゃないなと心が痛くなります。

虐待について肯定する気はありません。いくら家事育児が大変で精神的に滅入ったとしても子供に暴力を奮っていいなんて事はないです。ただ目一杯になる母親の気持ちは痛い程わかりますが、虐待する程の精神状態になるまで落ちていっては駄目だと思うのです。

そんな私の虐待しない為に、意識していることをいくつかお話したいと思います!!!!

 

どれだけ疲れていても、必ず1人の時間を作る

 

私は1人の時間がないとだめなタイプで、だからといって簡単にその時間が作れるほど余裕はないのですが、パパにも協力してもらって頑張って作るようにしています。

寝かしつけの時に一緒に寝て体力回復!も良いのですが、ひとり時間のなさにメンタルが弱ってくるので、眠いけど起きて1.2時間1人の時間をとっています。あとはパパがお休みの日に子供たちをお願いして別の部屋で過ごす時間をつくったり、子供のいない場所で友達と電話をしてリフレッシュしたりしています。

子供と一緒にいると家でゆっくり過ごしたとしても、自分の思い通りに過ごせる訳ではないし、気づかないうちにストレスが溜まっている事があり、ストレスMAX!になる前に、特に疲れてなくても一人の時間をとってゆっくり過ごすのが大切です。

私は以前我慢しすぎてストレスからくる病気になったりしたのでその時に思ったのです…病院代にお金を使うぐらいなら他のもの買いたいよ…病院にひとりで行く時間あるならスタバでお茶したかったな…と。ストレスがMAX!になってからでは遅いのです。子供がいると置いていくのが可哀想だし、せっかくだから子供も一緒に!と思うのですが、やはり自分の時間はないとこちらが壊れてしまうなと。

だから余裕がなくても、眠くても、時々でもいいから1人の時間をつくることをオススメします。1人の時間で自分の事を大切にして盛大に甘やかしてあげることです。私なんか一日中バタバタしながらご飯食べるのがとてもストレスだな…と感じた時は、夜中にゆっくり卵かけご飯とか食べちゃうもんねー!!!!!(笑)

自分がごきげんになることならば、なんでも良いのです。

 

子どもの赤ちゃんの頃の写真は、気持ちをリセットさせてくれる

 

 

私は定期的に、子供の赤ちゃんの頃の写真や動画を見て気持ちを落ち着かせています。

赤ちゃんの頃の写真を見ると、こんなに大きくなったんだな…毎日ご飯を作るのに疲れ果てていても、こんなの食べたくない!と文句を言われても、私の努力は無駄ではなかった…!!!私の作ったご飯でこんなにも大きくなってくれたんだ!!!なんて思えたりします。

私たち母親の日々の努力はそんな簡単に成果は出ないことだけど、長い月日をかけてこんなにも立派に、子どもは成長してくれてるんだなぁと感動すらできます。

でも、ある程度子どもが大きくなるとそれが少し薄れていく気がしていて、毎日一緒に過ごしているとどれくらい背が伸びたか、こんなにいろんな話ができるようになったんだ!こんなことができるようになったんだ!とか気づけなくていつのまにかあれ?できてる!!!ってなることが私にはよくあります。3人子供がいて1人の事だけをしっかり見てやれないというのもありますが...。

気持ちがリセットできないまま、子どもが成長していくにつれて些細なことで怒ってしまったり、生意気を言われ強く怒りすぎてしまったり、それが日に日に溜まっていってどんどんエスカレートしていくと手をあげてしまったりするんだと思います。

 

周りにいる大切な人に、自分が盛大に甘えること

 

母親をやっていて子供に愛情を注いで過ごしているのに、注いでばかりで甘えるの忘れていませんか?

旦那さんでもいいし、自分の母親、大好きな親友、好きな人、誰でもいいですが、甘えられる人に盛大に甘やかしてもらうということは母親でいる為にとても大切だと思ってます。

母親モードでいると、子供の命を守る為に結構ピリピリして神経使っているんです。例えば怪我しないように遊ばせるのも、遊ばせながら家事をするのも一苦労、大切な命だからこそ神経を張りつめて子育てしてるんです母親って。だからこそ誰かに甘やかしてもらう時間が必要なんです。

私の場合、甘やかしてもらえる相手は旦那様なのですが、子供を寝かしつけたあとママと呼ばれると、”もうママの時間は終わった!ママと呼ぶのはやめて!”なんて言ったりします(笑)旦那様にベタベタして頭を撫でてもらい、盛大に甘やかしてもらってます。甘やかしてもらう事で次の日また神経を張りつめて頑張れるんです。

母親なんだししっかりしなきゃ!母親なんだから!と、自分で自分の首を絞めずに甘やかしてもらい、母親モードから抜け出せる時間もつくりましょう。

 

”虐待する母親”は他人事ではない

 

自分の可愛い可愛い子供に虐待なんてするわけない!ほんとするわけない、有り得ない行為ですよね…でも精神的に弱って、頼る人もいなくて、休む時間もない、体力的にも精神的にも滅入ってくると誰でも虐待する母親になってしまうんではないか、と私は思っています。

母親も人間な訳で、休む時間、癒しの時間はとても大切です。母親なんだから!と頑張りすぎず、休憩することに罪悪感を感じなくていいんです。

また明日も素敵な母親でいられる為に休みましょう。甘えましょう。一人で育児して全部抱え込まないでください。私も頑張ってます!一緒に頑張りましょう♡