走り回り、笑顔いっぱいな1歳児に成長した三男。きっかけはお兄ちゃん

2019年7月11日 更新 FAMILY
走り回り、笑顔いっぱいな1歳児に成長した三男。きっかけはお兄ちゃん
Hola!ニーニャです。

私は今10歳、8歳、1歳児のママをしながら働いています。

全員男の子ですが、それぞれ成長が違うことに驚く毎日。
そんな成長記録を残そうと思って記事にしました。

三男は2019年3月19日生まれ。
是非、目安の一つにしてください。


前半の5ヶ月〜7ヶ月の過程は、こちらの記事にまとめています。↓

掴まり立ちと、移動はハイハイの生後8ヶ月

 (2875)

8ヶ月の間は、しばらく掴まり立ちとハイハイが続きました。
 (2877)

最初は不安定に立っていましたが、この1ヶ月で足腰が安定してきた感じ。
ローテーブルには自分で手をかけて立ち、移動するときは自分でしゃがんでハイハイで別のところへ。
植物の鉢に手をかけて、中の土を外に出すといういたずらも。(笑)

一人で立てるようになる9ヶ月

 (2878)

9ヶ月に差し掛かり、壁際で一人で立てるようになりました。
お尻?背中?をすこーしつけて、あとは自分の力で。
大人しく出来ないお年頃なので、立って満足したらハイハイしてまた別のところへ。

そこから10日ほどして(9ヶ月と10日)一人で立てるのが余裕になりました。
加えてさらに、「おいで〜」って言うと1,2歩足が出るように。


それから日々歩ける歩数は増えていきました。

完全に歩けるようになった10ヶ月

 (2884)

9ヶ月の後半から、多少歩けるようになりました。
でも意識的に自分で立って足を踏み出すようになったのは10ヶ月に入ってから。
お兄ちゃん達と手を繋いで歩くのが大好きで、いつもニコニコしていました。

20歩ずつ歩くごとに、ポテッと転ぶような感じ。
歩くのは家の中がメインだったのですが、靴を履かせてみたら怖くて進めないようで一旦断念。
それから、公園の芝で靴下のままor裸足で遊ばせて、外でも歩けるように慣れさせていました!

長い距離歩けるようになる11ヶ月

 (2879)

おおよそ10メートル以上の距離を、支えなしで一人でしっかり歩けるようになりました。ただ、ちょっとスリラースタイル。(笑)手を前に出してバランスをとっています。

それからもう1度お靴の練習!
柔らかいファーストシューズを履かせて、お家の中で歩く練習をしました。


すると2,3日で上達!

1歳の日には走ってました

 (2880)

1歳前には、靴なしなら小走りするように。
1歳ぐらいには、外で靴を履いて歩けるようになりました。

そして、子供用の滑り台の階段とかは楽々登れるようになり、テレビ台の上に立ったり、カラーボックスに登ったり、サッカーも出来るようになりました。(笑)
 (2881)

1歳の日に髪を切ったので、短くなってます。これは1歳の誕生日の翌日。
 (2882)

公園では、にいにの真似をしてサッカーにハマる。
長男と次男は、二人とも1歳の日にはちゃんと歩くことが出来なかったので、本当にビックリ!!

確か長男は、1歳の誕生日に1,2歩掴まり立ちが出来るかな?っていう程度。
次男は、誕生日の日に10歩歩けないかな?っていう程度でした。


成長って本当に子供によるし、早ければ良いってもんでもないと思います。
歩くだけじゃなく、悪いこともたくさん吸収します。(笑)


私は、長男の子育ての時は周りの子が歩くの早くて凄く焦って自己嫌悪してました。
「私がしっかりしたママじゃないから…」なんて。


そんなの全然関係ありません。
大人だって、吸収力は人それぞれだし、出来る出来ないあるしね。

10歳差のお兄ちゃんと、7歳差のお兄ちゃん

 (2883)

三男には、お兄ちゃんが二人います。

10歳差と、7歳差のお兄ちゃんがいるので、10歳のお兄ちゃんは1歳の三男を肩車することだって余裕です。

そんな二人を見ているからか、お喋りするもの早いし、ボールを投げるのも、サッカーを始めたのも、手先が器用に使えるのも早かった。

逆に長男は、成長は三人の中で一番遅かったように思います。
いえ、比べると「遅い」という表現になりますが、それが長男の環境だったのかなと思います。


3人の子育てを経験して、兄弟がいたり、小さい頃から保育園に通っていたりと、子供は育つ環境で成長は変わっていくんだなとつくづく思いました。
 (2886)


「○○は歩いているのに、うちはまだなの!どうしよう!」
「○○ちゃんは喋るのに、うちはまだなの!どうしよう!」

そんなに焦らないで。自分を責めないで。
子供は子供なりのペースで成長します。

大丈夫、ママの愛があれば子供は幸せですからね。



3人の子育てをして、成長過程を見ていく上で、一番大事だなって思うのはやっぱり「日常を楽しみ、笑顔で過ごす」ということ。

三男が生まれてから、長男と次男にガミガミ怒ってばかりいた私でしたが、三男の妊娠をきっかけに優しさが増すようになりました。
二人に「赤ちゃんばっかり・・・」って思われたくなかったし、お兄ちゃんたちのことも大好きなんだよ!ってたくさん伝えて、いっぱいスキンシップを取ってきました。
三男が生まれてからもそれは続き、お兄ちゃんたちも三男へたくさんスキンシップを取ってくれるので、笑顔が溢れる毎日です。


こうやって写真を見返していくと、笑顔の三男と、爆笑したり、変顔してるお兄ちゃんたちの写真ばかりが出て来ました。
子供は元気で、笑顔が一番!

成長は、それから付いてくるものだと私は思ってます。