ヘアケアプロダクトを中心に、ボディ・スキンケアイテムやディフューザーなどを取り扱うブランド、ボタニスト(BOTANIST)。ブランド名である”BOTANIST”とは植物学者という意味を持ち、昨今世界中でオーガニックが注目を集める中で、デイリーユースなアイテムこそ自然の恵を活かしたプロダクトを提案している。

そんなボタニストと数々の名画を生みだしたゴッホが珠玉のコラボレーションをローンチ。早速この商品を手にした中嶋杏理に話を聞いてみた。(提供:株式会社I-ne)

中嶋杏理/プロトラベラーとして活躍後、フリーランスモデル、Youtuberとして現在も活動中。

「ボタニストはお洒落ヘアケアの先駆者。流行を作ったブランドってイメージです」

ープロトラベラーとして世界中歩き周り色んなインスピレーションを受けている杏理さんが感じるボタニストってどんなブランドイメージでしょうか?

やっぱりボタニストと言えばお洒落シャンプーの先駆け的ブランド。今でこそ色んなメーカーやサロンのオリジナル商品なのでお洒落なシャンプーやヘアケア商品が出ていますけど、この流行は確実にボタニストが作ったと思っています。オフィシャルインスタ(@botanist_official)を見ても商品への拘りやその世界観は女の子だったら誰でも魅了されちゃうんじゃないでしょうか?

 

ー実際今までにボタニストの商品って買った事や、使った事ありますか?

ありますよ!最初にボタニストを知ったのは多分インスタかな?モデルやインスタグラマー界隈でも使ってる人が多いし、私もずっと興味があったのでドラッグストアでシャンプー、コンディショナーを買って実際に使っていました。正直ボタニストって一般的なシャンプーと比べると少しだけリッチなお値段じゃないですか?でも使用感とか香りとかでやっぱり良い物は良い値段するんだなって、価格の理由には納得しました。

あとデザインがやっぱり可愛いですよね。男性とかはたかがシャンプーだろ?って思うかもしれませんが結局、女の子って可愛いものが身近にあるだけでテンション上がるんですよ。そう言った意味ではボタニストは女の子の色んな欲を満たしてくれる存在です。

「ゴッホとボタニストのコラボ?ってちょっとびっくりしだけどインテリアとしても◎」

ーこの商品はあの歴史を鮮やかに飾る、数々の名画を生みだしたフィンセント・ファン・ゴッホの「ひまわり」「アーモンドの花咲く枝」と言う作品とボタニストとのコラボレーションになります。実際に使用してみていかがですか?

ヘアケアアイテムじゃなくキャンドル、ディフューザーも使っています。まず、インテリアとしてのデザインが可愛い。ゴッホとボタニストのコラボ?ってちょっとびっくりしたけどデザインも落ち着いていて、部屋に馴染む。香りはキャンドル、ディフューザー共にオレンジ系の香りでさっぱりしていて、上品な香りが心地良いですね。

ディフューザーも色んなメーカーやブランドから出てるじゃないですか?香りの持続性とか考えると高いディフューザーには手が出にくい・・・。ボタニストはそんなに高くないし、だからと言って安っぽい見た目じゃないだから香りの面も含めてトータル的に満足。

 

ーちょっと話変わりますが、女の子ってこう言ったヘアケアやフレグランス系のプレゼントって貰ったら嬉しいですか?

男の子からでも、女の子からでも貰ったら嬉しい!コスメやアクセサリーのプレゼントも、もちろん貰って嬉しいのですが結構一般的じゃないですか?(笑)だからこう言ったブランドのヘアケアやインテリア小物として使えるような物って自分ではなかなか買ったりしないのでプレゼントとして貰えたらなんだか幸せな気持ちになりますね(笑)

「ゴッホ」と「ボタニスト」の想いが130年の時を超えて、ひとつになった。

ボタニストのアーティストとのコラボレーション及び、ゴッホ美術館の日本の消費財ブランド※とのコラボレーションは、今回が初めて。※スキンケア、ヘアケア、ボディーケアカテゴリの消費財

ボタニストとゴッホを繋げたもの、それは「植物への愛」。
自然からのインスピレーションを生涯大切にしたゴッホと、植物と共に生きる”ボタニカルライフスタイル”を提案するボタニストのブランドコンセプトが一致した結果である。

商品の詳細はボタニスト公式サイトにてチェックして見て下さい。

ボタニカルシャンプー・トリートメント
各1,400円(税別)/シャンプー 490mL・トリートメント 490g

 

ボタニカルハンドクリーム
各800円(税別)/30g

 

リードディフューザー
各2,800円(税別)/100mL