ネガティブな人に実践してほしい。感情をゼロにする方法

2019年5月20日 更新 BEAUTY・HEALTH
ネガティブな人に実践してほしい。感情をゼロにする方法
突然ですが、あなたはネガティブですか?それともポジティブですか?きっと正解はありません。皆、両方を持ち合わせているからです。だけど、考え方で状況はガラッと変われるのです。

私は数年、長い間自分はネガティブだと思って生きてきました。小さな頃から孤立していたりハーフだと馬鹿にされることが多かったり、学校から家が近いだけで貶されたり、上履きがなくなったり、掃除中にバケツの水をかけられたり、いじめは沢山ありました。自分は生きていたらいけない人間だと幼少期から感じていたのです。

そんな私は今、スーパーポジティブ思考です。あんなにつらかった毎日を、今は楽しく幸せに過ごしています。

自分が変わったことに気付かなかった

People Women Talking - Free photo on Pixabay (284)

私自身、気付かないうちのことです。いつのまにかポジティブ思考に切り替わっていて沢山の友人や知人、ファンの方から相談を受けることが多くなりました。

この人はもっとこうしたら良い。こうした方がうまく行く。そういうものが当たり前のように見えてきます。そこで私は思いました。私も悩んでいたはずなのに、何故今こんなに相談を受けるんだろう?と。
相談を受ける人の大半は、自分を責めていることでした。自分がこう出来なかった。私がこうだから。と真面目な方が多いです。そして、相手の気持ちを汲み取ろうとして悩んでしまっている方が多い。気持ちはとてもわかります。私もその1人でした。

子育てをしている毎日で、疲れた日にお皿を洗わなかった。料理がなかなか作る気にならずレトルトにしてしまった。彼氏や友人と喧嘩して、私の言い方が〇〇だったから怒らせてしまったのかもしれない。1つの出来なかった"悲しみ"にフォーカスを置いてしまうと、他の"悲しい"にも目が止まってしまい負のループに入り込みます。そして負のループからの出口が見当たらず、自分はネガティブなんだと思い込んでしまっていました。

負のループからの脱出方法

Desk Table Simple - Free photo on Pixabay (285)

ネガティブ思考から脱出するには、まず感情をゼロにします。瞑想をすると自律神経が整いますよね。同じです。目を瞑って、感情をリセットするのです。悲しい気持ち、怒り、悔しみ、全ての負の感情を心の引き出しの奥深くに小さく小さく折りたたんでしまいます。そして心を白紙にしてあげてください。そこでもう一度、起きたことを振り返るのです。

今、1歳の息子がうどんに汁たっぷりのお皿をこぼして、感情爆発しそうになったこと。

彼氏が浮気してるかもしれないLINEを発見してしまい、どうしようもない気持ち。

全てに、感情を持たずに物事を考えるのです。そうすると不思議と別のことが見えてきます。




息子がうどんをこぼしてしまったけど、楽しそうにしている。これはこれでいいじゃないか。掃除すればいい。またこぼしたら、一緒になってこぼせばいい。そういう遊びを楽しめばいい。誰にも怒られることなんてない。

彼氏が本当に浮気していれば、別れればいい。自分がいるのに浮気する男なんてクズ。他にも沢山男はいる。自分を愛してくれる人が見つからないなんて思わず、自分磨きのチャンスだと意気込む。

少しずつではありますが、心が気持ちの良いところにいられるように感情のコントロールを意識するようにしたのです。

負の感情の、一歩手前に心を置く

こうして日々、感情を常に白紙にすることで起こるメリットはストレスを感じないことです。無駄なことを考えなくて済むようになります。そして次第に、ポジティブに捉えられるようになります。すると、ポジティブな考えのループに入ることが出来るのです。

負の感情を抱いてもいい

Smiley Emoticon Anger - Free photo on Pixabay (287)

もちろん、つらい!と思ったらつらいと言います。無理にポジティブに考える必要もありません。白紙の状態でも、悲しみにしかならないことも沢山あります。その時は思いっきり悲しむのです。大事なことは、感じた時に感じたまま発散することです。今我慢しておく。これがまた負のループの始まりになってしまうので、常に感情を発散し、白紙に戻し自分に素直になるのです。

変わりたい自分としっかり向き合う

 (288)

私はこの方法で、自分を鍛えました。これは誰かに教わったわけでも聞いたわけでもありません。ただ変わったことといえば、今の主人と一緒にいるようになったことです。彼がその"白紙に戻す天才"でした。彼を見ていて、とてもシンプルな生き方だと気付き、私は少しずつ学んでいきました。
ネガティブな自分を変えたい。変わりたい。その一心で。

今まで、たくさんの人気小説から自己啓発本や、心理学書など読んできました。副交感神経が優位になるような、ヨガやよもぎ蒸し、酸素カプセル等も取り入れました。勿論自分に刺さるものはありますが、結局は実体験で"白紙になること"を実践しないと意味がないのです。自分の心を動かせるのは自分しかない。自分と向き合うことが何よりも大事だと、改めて感じます。