PMS症候群も軽減した、魔法のレシピ

2019年7月2日 更新 BEAUTY・HEALTH
PMS症候群も軽減した、魔法のレシピ
私は現在、インナービューティダイエットアドバイザーと、ビューティフードプライマリーの資格を持っています。

前回の記事では、PMS症候群が酷かった経験から腸について勉強した経緯を書きました。


記事はこちら▼
前回の記事と、今回の記事で関連してくるワードは、「インナービューティー」です。
今やインナービューティーというこのワード、よく耳にしますね。

でも具体的にどのようなことをしたら、内側からのケアが出来るのか分からず、困っている方も多いのでは?

今回は、私が実際にやっているおすすめの「腸活」について少し掘り下げてお話します。

腸活のキーワードとは

 (1367)

腸活のキーワードとは?
それは発酵調味料と食物繊維を取り入れることです。

発酵調味料、例えば納豆やキムチ、お味噌を食べることで腸の中の善玉菌を増やし、腸内環境を良くしてくれます。
また、食物繊維は消化と吸収を緩やかにし、血糖値の急上昇を抑えてくれます。

そして食物繊維は水分と共にお腹が膨らむので、満腹感を長時間持続させることが出来るのです。
是非レシピに切り干し大根やゴボウなどの根菜類を取り入れてみましょう。

白米を玄米にチェンジ

 (1366)

日本人は、お米好きな方が多いですね。その中でも白米を食べてる方が多いのでは?

残念ながら、白米は炭水化物のみで出来ています。それに比べて玄米は栄養分が含まれているため、食物繊維も一緒に摂取出来ちゃうのです。

そのため、お米を白米から玄米に変えるだけで食物繊維を摂ることが出来るのです。
1日3回お米を食べる方でしたら、1日に3倍の食物繊維を摂取することが出来ます。

お手軽おすすめレシピ

 (2457)

こちらは発酵調味料を摂取することによって、善玉菌を増やしてくれるレシピです。
朝の時間のない時でもパパッと作れちゃうので、ぜひ皆さん実践してみて下さいね。

【野菜たっぷりサラダ】
① レタス
② 小松菜
③ アボガド
④ 豆腐
⑤ ワカメ
⑥ ナッツ
⑦ 塩麴
⑧ アマニ油(シソ、えごま、オリーブ油でもOK)

①から⑥をボールに入れて、ベラなどでかき混ぜお皿に移し⑦と⑧をかけるだけです。


塩麴は大切なたんぱく質の消化をサポートし、善玉菌を活発にしてくれます。
またアマニ油は悪玉コレステロールを上げず、中性脂肪を下げてくれます。

私は上記のサラダを納豆と一緒に、毎朝食べています。
朝は特に血糖が上がりやすい時間帯でもあるため、たんぱく質中心のメニューにしていきましょう。

このメニューを取り入れただけで、2日に1回だった排便が毎日出るようになり、体重も2㎏減りました。
また月経前症候群の症状である、いらいらや気分の落ち込みも軽減されてきたので、とってもおすすめのメニューです。
日々忙しく生活をしていく中で、何か新しいことをしようとするとどうしても億劫になりがちですよね。

日常生活の一部をほんの少し変えるだけで、腸活が出来るんです。皆さん是非出来るところから始めてみてください。